FANDOM


かめはめ波(かめはめは)とは、鳥山明漫画ドラゴンボール』に登場する架空の技である。

**スポイラーの警告! 詳細をたどる下のプロット。 セクションをスキップ

概要

亀仙人(武天老師)が編み出した、体内の潜在エネルギーを凝縮させて一気に放出させる技。孫悟空の得意技であり、作品を代表する技のひとつである。亀仙人によれば、この技を会得するには50年の修行が必要とされるが、孫悟空がすぐに会得している[1]。やがてヤムチャクリリン孫悟飯孫悟天といった多くの戦士たちも使い手となった(その他の使い手は#主な使い手参照)。本編での初披露はフライパン山の火事を消す際であり、亀仙人は最大出力のかめはめ波を放つ。火事は消したが、同時にフライパン山も吹き飛んでしまった。

名前の由来はハワイ王国カメハメハ大王から。鳥山が技の名前を考えていたとき、鳥山の妻のみかみなちが提案したものを、「ばかばかしくて亀仙人らしい」と採用した[2]。なお、中国語版(香港台湾中国大陸の3つのバージョン)では「亀波気功」と訳されており、漫画版では文字数の違いからコマの中の文字の配列が困難となっていた。韓国では「エネルギー波(「에네르기파)」となっており、「かめはめ波」と文字数が合っている。

構え

まず両手首を合わせて手を開いて体の前方に構える(ここで「か」と発音)。次に腰付近に両手を持っていきながら(ここで「め」と発音)体内のを集中させ(このときに「は…め…」とゆっくり発音)、気功波として両手から対象に向けて放つ(「はー!」と叫びつつ一気に放つ)。掛け声が間違っていたり、または掛け声を発しなくても撃つことはできる。後述の通り発射後の射角変更が可能だが、基本的には対象に向けて一直線に放つビームとしての性質を持つ。

両手を使わず片手だけでも、手の代わりに足からでもかめはめ波を撃つことができ、第23回天下一武道会で孫悟空が足でかめはめ波を放った際には、技を編み出した亀仙人も驚いていた。また上記の構えでなくても、かめはめ波とされている技もある。熟練すると、発射した気功波を自分の意思で曲げることができるようになる。込める気の度合いにより段階的に威力の大きさが示されたり[3]、前述の足から放った場合のように応用技、変形技が多いのも特徴のひとつである。

鶴仙流のどどん波など、同様の原理の技は作中に多数登場。このことから、かめはめ波は亀仙流独自の型による、数ある気功波放出法のひとつといった位置づけにある。

主な使い手

ゲーム「超ドラゴンボールZ」では、通常はかめはめ波を使用できないキャラクターにも会得させることができる。

バリエーション・応用技

  • 元祖かめはめ波(亀仙人)
  • かめはめ波最大出力(マックスパワー)/MAXパワーかめはめ波(亀仙人)
  • 曲がるかめはめ波(孫悟空)
  • 超かめはめ波(孫悟空、孫悟飯、セルなど)
  • 足かめはめ波(孫悟空)
  • 逆かめはめ波(孫悟空)
  • 連続かめはめ波(孫悟空)
  • フェイントかめはめ波(孫悟空)
  • 瞬間移動かめはめ波(孫悟空)
  • 10倍かめはめ波(孫悟空)
  • モーションキャンセル超かめはめ波(孫悟飯)
  • 太陽系破壊かめはめ波(セル)(ゲームで使用)
  • 親子かめはめ波(孫悟空&悟飯)(孫悟空&悟飯&バーダック)(ゲームで使用)
  • 兄弟かめはめ波(孫悟飯&悟天)
  • 親子三大かめはめ波(孫悟空&悟飯&悟天)
  • ファイナルかめはめ波(ゴジータベジット)(ゲームで使用)
  • ビッグバンかめはめ波(ゴジータ)(超サイヤ人はゲームで使用)
  • 100倍ビッグバンかめはめ波(超4ゴジータ)(ゲームで使用、アニメでは融合が解けたため未使用)
  • ブラフかめはめ波(超4ゴジータ)(攻撃用ではない完全な遊び技。アニメでは5人に分身して使用、ゲームでは1人)
  • どどはめ波(ヤム飯)(ゲームで登場し、使用)
  • ダブルかめはめ波(クリリン)
  • 拡散かめはめ波(クリリン)(ゲームによってはかめはめ波の名称がつかないこともある)
  • かめはめ波跳ね返し(天津飯)
  • 3倍界王拳かめはめ波(孫悟空)
  • 4倍界王拳かめはめ波(孫悟空)
  • 20倍界王拳かめはめ波(孫悟空)
  • 師弟かめはめ波(孫悟空&クリリン&亀仙人)
  • かめはめ乱舞(孫悟空、クリリン、ヤムチャ)(ゲームで使用。3人でいっせいにかめはめ波を放つ)
  • 怒りのかめはめ波(孫悟空)
  • 本場のかめはめ波(孫悟空)(ゲームで使用)
  • 爆裂ラッシュ(アルティメット悟飯)(連続攻撃の最後にとどめの超かめはめ波を放つ)

その他

牛魔王は亀仙人の弟子の中で唯一かめはめ波が使えない。これについて鳥山は「牛魔王は技より力のタイプ。それに実力がちょっと伴わなかったためでしょう」と答えている[4]

天津飯には大小に関わらずかめはめ波自体が通用しないと語られており、実際に天津飯はヤムチャのかめはめ波を跳ね返している。

アニメの最初期の放送に挿まれたコマーシャル「ドラゴンボールソーセージ」では、悟空が(コマーシャルの制限時間の関係で)短く「かめはめ波!」と叫んでポーズをとるとソーセージのおまけである小型キャラクター人形が数多く放射状に飛び出すという演出だった。その直後に亀仙人が出てきて「どれわしも、かーめーはーめー」と言っている間にその放射状に出てきたキャラクターがアニメとなって飛んできてことごとく亀仙人を蹴り飛ばし、一群が去ったあとに「はぁ~」と小さくため息をつくボロボロになった亀仙人が倒れていた。

海外での人気を受けて、ニュージーランドの首都ウェリントンのTSBバンク・アリーナで開催されている、SFとコミックの祭典「アルマゲドン・パルプ・カルチャー・エキスポ」では、2001年から「かめはめ波コンテスト」が毎年開催されている。参加者が実際にかめはめ波を出しているかのようなパフォーマンスをし、それを競う大会である[5]

脚注

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. その場にあったブルマの車を大破させた。
  2. 集英社『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』 P.89
  3. 超かめはめ波、MAXパワーかめはめ波などが該当。
  4. 週刊少年ジャンプ特別編集『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』 P.138
  5. テンプレート:Cite web

関連項目

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はかめはめ波にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki