FANDOM


サタン・元気玉 この記事にはみんなの助けが必要だ!

この記事は未熟な編集者の間違いが含まれている!
もし正しいことを知っていたならば、
編集 ボタンをクリックしてその箇所を正すのだ。


ザマスはドラゴンボール超の登場人物。

編集

概要 編集

CV:三木眞一郎編集

第10宇宙の北の界王編集

界王としては規格外、全宇宙でも最強と評されるほどの卓越した戦闘能力を持つことから次期界王神候補として見込まれ、現界王神のゴワスの元で弟子として仕えながら修行を積んでいた。しかしゴワスの説く「界王神の在り方」には反感を覚えており、後々平行世界における第7宇宙で起きた大事件の元凶となった。編集

概要編集

CV:三木眞一郎
第10宇宙の北の界王。一人称はどの形態でも「私」。(アニメ版ではゴクウブラックの「俺」のように例外あり)武術の天才で、界王としては規格外、全宇宙でも最強と評されるほどの卓越した戦闘能力を持つことから現界王神ゴワスに後継者として見込まれ、彼の下で弟子として仕え修行を積んでいた。[1]
しかしゴワスの説く「界王神の在り方」には反感を覚えており、後々平行世界の第7宇宙で起きたある大事件の元凶となった。

容姿 編集

同じ界王でも第7宇宙の界王とは違い、界王神と変わらない出で立ち。髪は白く、肌は黄緑。

上着は黄色い縁取りの黒、インナーは紫色。ゴワス同様、上着は肩の部分が張り出している。  

なお現代ザマスは両耳にオレンジ色のポタラを着けているが、ゴクウブラックと未来ザマスは緑色のポタラを1つずつ左耳に着けている[2]

性格編集

簡潔にまとめると「人間嫌いの自己中」。
正しさを持たず争い、過ちを繰り返す「人間」(=知的生命体全般)に強い不信感を抱いているが、これは相手の欠点や負の面にしか目を向けず、根本的な解決策も見出だせないというザマスの視野の狭さ・思慮の浅さによるところが大きい。
実際彼の価値観や思想はかなり身勝手な点が目立ち、自身の考えを受け入れない、相容れない者に対しては暴力的な排除も辞さず、更にアニメ版においては相手の落ち度を盾にして将来性や長所には目もくれずに自身の理屈を正当化する、負けず嫌いな割には自身の力量不足や不甲斐なさを反省する前に相手のせいにする(無論修行や鍛練などしない)など最早過激派とでもいうべきものになっている。
悟空には「第7宇宙の界王神より伸び代がある」「鍛えればビルス級の強さになる」という旨の評価をされていたが、やがて破壊神に比肩し得たであろう「強さ」を持ちながらも、界王神、あるいは神そのものとしてはあまりにも未熟だったのである。

能力 編集

気の扱いに長けており、紫色の気を手刀に纏わせて威力を高めたり、文字通りの「気弾」として連射したりできる。

この能力はブラックも受け継いでおり、剣や大鎌を生み出した(気弾連射は使用せず)。

合体ザマスの「絶対の雷」や「裁きの刃」も気を応用した攻撃なのかは不明だが、異形化した後に気の刃による攻撃(「激烈神烈斬」)は繰り出していた。

なお未来ザマスは不死身の肉体を利用して相手に組み付いたままブラックに攻撃させる捨て身の戦法も披露した。

活躍 編集

※ザマスは現代、未来、平行世界(未来トランクスのいる世界)の3人が登場するためそれぞれ解説する。

現代のザマス編集

ゴワスはザマスの考えを改めさせようと、とある理由で第10宇宙の界王神界にやって来た悟空と手合わせさせたり(アニオリ)、野蛮で狂暴な種族のババリ星人が1000年後の世界でどうなっているかを見せたりしたが、結局ザマスの心には届かず、彼が更なる過激思想に転換するきっかけを与えてしまった。[3]
その後神チューブで「超ドラゴンボール」の存在を知り、ズノー様に在処を問い詰める。しかし1年待たねば使えないということでゴワスを殺害して時の指輪を奪おうと目論む。

  ※漫画版ではこの出来事でゴクウブラックの正体が特定された。後述のやり直しもしていない。  

そして一度はゴワス暗殺に成功するも、ウイスの「やり直し」で無かったことにされ失敗。

そこへ駆けつけたビルスに破壊されて消滅したのだった。

なおアニメ版ではこの時歴史が分岐し、悟空達に気づかれることなく計画に成功している時間軸が出来ている。詳細は後述する平行世界(現代)のザマスを参照。

漫画版ではこの時にビルスがザマスを破壊した時間軸が出来たという設定になっている。

[4]

未来のザマス編集

未来トランクスのいる世界のザマス。二人称はお前。
超ドラゴンボールで不死身の肉体を得ており、どんな攻撃を受けてもたちどころに回復してしまう。
なおアニメ版は攻撃されても平然としていたが、漫画版では普通に痛みを感じている節がある。
現代ザマスと違い、界王神を表す緑色のポタラを左耳に装着している。[5]
この世界のゴワスがブラックに殺害された場面に居合わせ、当初は戸惑っていたもののブラックが差し出した界王神のポタラを受け取り、更に彼の目的や目的を聞いた事で意気投合。
「お前が必要なのだ」というブラックの誘いに乗って同志となり、人間を滅ぼし新たな理想郷を創る「人間ゼロ計画」を実現すべく行動を開始していた。
不死身の肉体やゴクウブラックとの連携でトランクス、ベジータ、悟空達を圧倒するも、トランクス(漫画版では悟空)の魔封波で封印されかけた[6]ことで人間の危険性を改めて認識。
ゴクウブラックにポタラ合体を提案し、合体ザマスとなるのだった。
なお漫画版では純粋に悟空達に追い詰められたことが原因で合体した。

平行世界(現代)のザマス編集

後のゴクウブラック。一人称は基本的に「私」だが、アニメ版においては超サイヤ人ロゼの状態では「オレ」になる。二人称はキサマ。
「ザマスが破壊されていない世界」[7]のザマスが超ドラゴンボールで悟空と自身の肉体を入れ換えた後、時の指輪で未来トランクスの世界にやって来た。

編集

気の刃
手から出した気の刃で攻撃する。ババリ星人、ビルス、悟空、未来トランクスに対して使用。
物を飛ばす
近くにあるものを空中浮遊させ、敵に投げる技。悟空に対して使用。

 

物を奪う
「便利だろ?神の力というのは」
敵から物を奪う技。作中ではこの技で仙豆を強奪した。
物を燃やす
「我々の計画は完璧だ、ぬかりなどない」
手に所持している物を燃やす。奪った仙豆に対して使用。

 

金縛り
「力はなくとも神なりの戦い方があるんだよ」
敵の動きを止める。悟空に対して使用。

その後編集

漫画版では宇宙サバイバル編においてラムーシの口から名前だけ登場している。

脚注編集

  1. 界王神は界芯星にある大樹「界樹」の金色の果実から生まれた特別な芯人から選出されるため、界王(=通常の界樹の実から生まれた芯人)であるザマスは本来であれば界王神にはなれない。しかし彼のように類い稀な才覚を持つ者は現界王神の裁量で後継者指名されることがあり、順当にいけば(判明している限りでは)初の「通常の芯人から昇格した界王神」になるはずだった。
  2. ブラックが未来の界王神界へ赴いた際は両耳に着けていたが、未来ザマスに右耳のポタラを差し出した。ちなみに未来ザマスも当初はオレンジ色のポタラを着けていた他、現代ザマスはゴワスに同伴して1000年後のババリ星に向かう際左耳にゴワスのポタラを着けた。
  3. 悟空との手合わせでは敗北した上に彼の態度を「傲慢で馴れ馴れしい」と評し、1000年後のババリ星を視察した際には自身に襲いかかってきたババリ星人1人を殺害。ゴワスはババリ星に集落ができ、文化も形成されつつあることで「人間の可能性」を説こうとしたのだが、「やはり愚かで野蛮な生命体」として余計に人間不信が加速。これ以降ザマスは人間の可能性や将来性、成長そのものに対してすら否定的になり、「人間が努力して神の域(の戦闘能力)に達することそのものが不遜な行為」と考えるに至った。なお、漫画版では村長らしき者が出てくると争いをやめ頭を下げる一面もあったのだが、ザマスがそれを見ることはなかった。
  4. ドラゴンボール (スーパー) 16話
  5. ポタラ装着だけで界王神になれるのはアニメ版の設定で、漫画版では対となる破壊神と命を共有することで正式な界王神になれるという。このため合体ザマスになっても1時間しか持たないはずだったのだが……
  6. このとき封印完了していれば勝負あったのだが、悟空が封印札を忘れてきたせいで失敗。なお漫画版では「間違えて割引券を持ってきた」ことで失敗している。
  7. つまりザマスがゴワス暗殺に成功したその後の世界。本来はこちらが悟空達がいる世界の正史となるため、「ビルスがザマスの破壊という形で過去に介入し、歴史を改編した」事で時の指輪が増えた。