FANDOM


ターレスは、『ドラゴンボール』の登場人物。

概要 編集

サイヤ人の生き残りの一人で、肌が色黒である以外は悟空と瓜二つの容姿をしている。作中で自ら「自分と悟空は使い捨ての下級戦士でタイプが少なく、顔つきが似ているのも無理は無い」という趣旨の発言をしており、血縁関係があるわけではない。

宇宙征服の野望を抱いて旅を続けており、冷静沈着でやや物静かであるが、自分と遭遇した悟飯を絞め殺そうとしたり、大猿に変身させて悟空を攻撃させるなど、性格は冷酷そのもの。その一方で、悟空や悟飯に対して仲間にならないかと誘いかけたり、「俺たちは生き残ったわずかな仲間」といった発言もしていることから、同じサイヤ人に対して同族意識や仲間意識を持ち合わせていることが覗える[1]。また、サイヤ人の中でもエリート戦士にしか使えないはずのパワーボールも使用できる。ただし、悟飯を大猿に変身させた直後に自らパワーボールを破壊し、自分まで大猿になってしまうという趣旨の発言をしていることから、ターレス自身は大猿になった後は自我を抑制できないようである。

下級戦士ではあるが、神精樹の実を食べ続けてきたため戦闘力は高く、本作でターレスのスカウターが戦闘力を18000と計測しているピッコロの攻撃を軽くいなし、フルパワーでないとはいえ「魔貫光殺砲」を片手で受け止めている。さらに、神精樹の実を食べた直後に、界王拳10倍を発動した悟空を圧倒し、元気玉をも打ち破っている。最後は悟空が神精樹の元気から作り出した2度目の元気玉の直撃を受けて、神精樹もろとも消滅した。

ターレス軍団もフリーザ一味の配下に属してはいるが、いつかはフリーザを倒して宇宙征服を狙っているなど、心から忠誠を誓っている訳ではない[2]。偵察メカにより地球の豊かな土壌を知り、アモンド、ダイーズ、カカオ、レズン、ラカセイの計5人の配下を従えて地球に降り立ち、星の栄養を吸い尽くして滅ぼす神精樹の種を蒔き成長させた。

のちのファミコンゲームおよびそれを原作としたOVA作品『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』にて「サイヤ人に殺されたサイヤ人」として登場し、超サイヤ人の悟飯と対決している。ゲーム中での技名、「キルドライバー」「メテオバースト」は競走馬の名前からとられている。PS2用ゲームドラゴンボールSparking! NEO および Sparking! METEORでも登場するが、ベジータと闘わせると「お坊ちゃん育ち」とベジータを皮肉り、ヤムチャと闘わせると「ローンの借りは返すぜ!」と言われる(実際にヤムチャの新車を壊したのは部下のアモンド)。

名前の由来はレタスから[3]

脚注 編集

  1. ベジータは、悟空を「落ちこぼれのクズ野郎」などと卑下し、自身を「エリート」と称していた。
  2. 『ドラゴンボールZ Sparking! NEO 新武闘書』 187ページより。
  3. 渡辺彰則編 「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、68頁。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki