FANDOM



チチは、鳥山明漫画ドラゴンボール』及びそれを原作とするアニメシリーズに登場する、架空の人物。アニメ版のオリジナルキャスト荘真由美(初代)、渡辺菜生子(2代目)。実写映画『DRAGONBALL EVOLUTION』ではジェイミー・チャンが演じており、吹き替えは小清水亜美

初登場は原作では其十一、アニメでは『ドラゴンボール』第7話。タイトルは共に「フライパン山の牛魔王」。 牛魔王の娘で、父同様東北弁に似た訛った口調で喋り、父親からは想像が付かないほど可愛い容姿をしている。

少女期から悟空との結婚まで 編集

小さい頃、自分が住むフライパン山の火を消すべく亀仙人から芭蕉扇を借りるため、カメハウスに向かう途中で孫悟空に出会う(悟空たちより先にヤムチャとも出会っている)。

髪型は少女期は下ろしており、青年期はポニーテール、成年時はシニヨンにしている。幼少時はマント(アニメでは緑色)が付いたブルーのビキニ風戦闘服(ビキニアーマー)とピンクの手袋とブーツを着用し、ブーメランとして使用できるトサカ(ウルトラセブンのアイスラッガーと同様の形状)が付き、額部分からビームが出せるピンクのヘルメットを被っている。自分を追っていた肉食恐竜を泣きじゃくりながらも先述の攻撃方法で倒した姿を見て、ヤムチャとプーアルを唖然とさせた[1]

初対面の亀仙人に対しては本人かどうか確認しようと不意を付いてヘルメットのブーメランを投げつけ、それを持っている木の杖でとっさに防御しようとした亀仙人の顔に深々と刺し、それを引き抜く際に土足で顔を踏みつけている(チチ自身に悪意はなく、詫びている)。そのため、自分の弟子の娘とはいえ亀仙人もいい印象は持てなかったらしく、このときに「アイツ嫌い」と発言している。後年は彼女のことを「はねっかえり娘」と評している。

清らかな心の持ち主で、筋斗雲に乗れる。本人いわく「おらの心は水洗便所みたいにきれい」。筋斗雲で悟空と共に飛行中、性別を調べるために股間を蹴られたことがきっかけで悟空に恋心を寄せるようになり、「嫁に貰う」約束を取り付け、それを信じて悟空のことを6年間も待ち続けたという一途な面を持つ。また、アニメの「ピッコロ大魔王編」で、第118話で世界の国王を名乗るピッコロ大魔王のTV中継を戦々恐々とした気持ちで父の牛魔王と見ていたときには、牛魔王にピッコロ大魔王を倒して欲しいと言い、無理だと言われるも悟空ならきっと倒してくれると信じ、第123話で謎の人物がピッコロ大魔王が倒したと世界中に報じられた際には、彼が倒したのだと信じていた(原作ではこの描写はなく、後に悟空達の会話でそれを知って驚いている)。しかし、当の本人である悟空はそんな彼女の想いには全然気づいていなかった上、「ヨメ」を食べ物だと思っていた事と彼自身その約束を忘れてしまっていたために[2]、結婚したのは約束してから6年後で、天下一武道会に「匿名希望」として出場して悟空と対戦した時に、悟空から結婚を宣言されている。

幼少期から一貫して悟空のことを「悟空さ」(アニメでの幼少期は「悟空」)と呼ぶ[3]。父である牛魔王のことは「おっ父」と呼んでいる。

少女時代から成長するまでの数年間に、女性武道家として牛魔王の亀仙流を基本とした厳しい修行を自らに課す。その結果、天賦の才もあって驚異的な強さを体得する(後述)。

悟飯誕生後 編集

長男の悟飯誕生後より「教育ママ」へと豹変する。悟空も頭が上がらない存在になり、ピッコロに「超サイヤ人(悟空)にも弱点があったか」と言わせている。また、頭髪が金色になる超サイヤ人を「不良」と言い嫌っている。当初は恐れられていたピッコロも、アニメでは仲間となってからは口論で押される事が何度かあり、彼女の事を「侮れん」と評した。クリリンら他の仲間も、母親となってからの変貌ぶりに呆気に取られていた。クリリンには武道家時代のみ、その美貌から意識されている。

サイヤ人編ではベジータ戦で重傷を負った悟空よりも悟飯を心配し、さらに「悟空のせいで悟飯がひどい目にあった」と、まるで悟空よりも悟飯を優先するかのような発言をしており、「オラは地球のことより悟飯の将来のほうが大事だ」という発言をしたため、ヤジロベーに「悟空、こいつ殴っていいか」と言われている[4]。しかし、悟空が復活するまで入院期間中もずっと付き添っており、アニメ版でも母親として幼い息子の身を案じていたために表面上冷たい素振りを見せただけで、本当は悟空の身を案じていた描写もある。人造人間編ではトランクスに悟空の命を救ってくれた事で礼を言うなど、悟空に対する愛情が表立って描かれた。また3年間の修行終了後、パオズ山を離れる際にピッコロのことを「ピッコロさ」と呼び、弁当も用意した様子で寛容な態度を見せている。悟空も生きてチチの元へ帰れない事を詫びる遺言を悟飯に託すなどチチを気遣う場面が見られる。実際悟空がセルゲームで死亡した時、既にチチは次男の孫悟天を身籠っていた。

サイヤ人登場以降の編でアニメと原作を比較すると、アニメ版の方が夫である悟空との関係がより多く描写されている。

自分もかつては凄腕の武道家であったにも関わらず、悟飯を教育する際には勉強や嗜み第一であり、武術を徹底的に嫌っていた。しかし、人造人間編で悟空が悟飯を鍛える事をチチに言った際には、「止めても無駄」と諦め気味に「どうせ鍛えるならうんと強くしてくれ」と言っている。以降は悟天に自ら組み手を教えるなど武術も身につけさせ、悟飯に対しても「天下一武道会のための休学」を許可している。もっともこれは父親の牛魔王の財産がなくなりかけていたからという理由もあった。また劇場版アニメの『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』においても勉強に勤しんでいる悟飯に「たまには身体を動かして欲しい」と武道大会に出場させている。だが、悟天には自由奔放にさせているのに対し、悟飯には青年になってもやや過保護な部分があるようで、ビーデルが初めて来た時はデートの誘いに来たのではないかと疑い「(悟飯に)エッチなことするんじゃねぇぞ」と言ってビーデルを怒らせている。ただし、ビーデルが金持ちの娘と分かるとあっさり交際を許し、早く結婚するように促している。

アニメオリジナルではセルゲーム終了まで、原作以上に一貫して頑なな教育ママとして描かれ、トランクスを除いた悟空の仲間たちまで「悟飯の勉強を邪魔する不良仲間」として毛嫌いしていた部分がある。

劇中では魔人ブウによって1回のみ死を迎えている。

プロフィール 編集

以下は週刊少年ジャンプのジャンプキャラ大集合・名鑑より(1988年当時なので、第23回天下一武道会出場時点でのデータである)。後に身長・体重データ変更及び趣味も設定されている[5]

  • 身長167cm→163cm
  • 体重49kg→50kg
  • バスト88cm
  • ウエスト57cm
  • ヒップ85cm
  • 趣味:農作業、悟飯の教育
  • 好きな食べ物:中華ちまき
  • 好きな乗り物:トラクター

軌跡 編集

  • エイジ737 - 誕生。
  • エイジ739 - 2歳。牛魔王にピクニックに連れて行かれた際、城がある涼景山が燃え出し、帰れなくなる。この際、山の名称がフライパン山に変更される。
  • エイジ749 - 12歳。亀仙人に芭蕉扇を借りに行く途中で悟空と出会う。性別を確かめようとした悟空に、股間を触られたことで嫁に行くことを決意し、約束を取り付ける。
  • エイジ749~756 - 12歳~19歳。この数年間は、女性武道家として亀仙流の厳しい修行に明け暮れる日々を過ごす。
  • エイジ756 - 19歳。一向に迎えに来なかった悟空に痺れを切らし、名前を隠して第23回天下一武道会に参加。予選を余裕で勝ち抜き本選に進出するが、1回戦で悟空に完敗する。試合終了後、約束を思い出した悟空と結婚し、[6]大会終了後には2人で旅に出る。
  • エイジ757 - 20歳。孫悟飯を出産。
  • エイジ767 - 30歳。孫悟天を出産。
  • エイジ774 - 37歳。魔人ブウ(無邪気の状態)に悟飯を殺された(実際は生きていたが)悲しみのあまり、トランクスたちとの対決待ちをしていたブウ(悪)をひっぱたき、怒りをぶつけるという向こう見ずな行動に出てしまい、その結果卵にされ潰されて死亡する。その後ドラゴンボールにより生き返る。

武道家としてのチチ 編集

結婚後の典型的な教育ママのイメージが強くなってしまい、本格的な巨悪とも直接的には戦った経験がないが、本来は牛魔王の娘として影響を受けた戦闘の達人であり、作中で戦闘シーンが登場する数少ない女性キャラクターの1人でもある[7]。アニメ版の設定では後述の父親の牛魔王の元を離れていた2年間での独自の厳しい修行で父親を超え、亀仙人(戦闘力数値は139)に匹敵するまで腕を上げた事になっている[8]。第23回天下一武道会に出場した際に、観戦していた亀仙人から「かなりの達人」と言われ、その潜在能力の強さを示唆されたが、悟空との結婚を機に戦闘の第一線から退いて基礎的な鍛錬しか継続していない。

アニメ版で、初代ピッコロ大魔王を悟空が倒した1年後に牛魔王の城を出て、2年間修行の旅に出ていたという設定もあるが、本編で直接の描写は無い。またアニメオリジナルや劇場版の中では、原作やアニメの大筋では無かった巨悪との対戦経験がある。

悟空と再会すべく天下一武道会に参戦したことから、過去二度に渡り悟空が出場していたことは何らかの形で知っていた事が判るものの、準決勝での悟空の対戦相手・天津飯についてそばで観戦していたヤムチャに質問していることから、他の実力者について事前に研究をしていた様子はないようだ。

サイヤ人戦以降はいわゆる戦士としての直接的な戦闘描写は無く、大幅なレベルアップを果たした描写もないままであった。ただしアニメでは、悟空の妻として腕が鈍らないように、専業主婦の傍らでも密かに亀仙流の基礎鍛錬だけは日々続けていたとチチ自身が語っており、組み手においては悟天を圧倒するなど、武術の健在ぶりを見せたこともあった[9]。また天下一武道会にて子供の部を観戦していた時、自分の息子が悟天やトランクスに負けたことを激昂して、ブルマに襲い掛かった母親を軽く一撃で気絶させ、周囲の観客を驚かせている。

編集

亀仙流上段蹴り
亀仙流の蹴り技で、名称はカードダスから。武道会予選の決勝でこの技が本選出場の決定打となった。アニメ版では、予選の1回戦で対戦相手の多様な連続攻撃を全て封鎖して、この蹴り技1撃のみで圧勝した。本戦でも悟空に試合開始早々繰り出すが、紙一重で避けられた。
かめはめ波
両掌に気を集中させ、一気に放出する気功波。亀仙人が開発。本編では直接的には披露していないが、設定上牛魔王を超えて亀仙人に匹敵する実力を持つチチは、この技を使用できる域に達していて、番外編などで一応の描写もある。
気功(きこう)スラッガー
ゲーム「超ドラゴンボールZ」で使用。両手を頭上にかざし、気を集中させて繰り出すチチ独自のアイスラッガーのような形のエネルギー弾。敵に当たらなければブーメランのように戻ってくる。高速で自由に遠隔操作が可能。クリリンやピッコロが使ったエネルギー波(弾)同様に敵を自動的に追尾する。
より強く気を込めた「超気功スラッガー」も登場。

悟空との接点 編集

原作ではチチと悟空は最初に会ったきり第23回天下一武道会まで全く会っていないが(ただし「占いババ」編~「第22回天下一武道会」編の空白の3年間は不明)、アニメではその後も何度か会っており、第31話では、最初に会ってから1年後に再会したことになっている。 武道会終了後は『ドラゴンボールZ』に移行するまで、数話に渡って夫婦だけの冒険が描かれており、兜を脱いだ牛魔王もサイヤ人編ではなく、ここで初登場した。原作アニメを通して、夫婦のみの単編はこれが唯一。 アニメでは「デートのことを知らない悟空に『恋人同士が好きな事をやるもの』と教えたが、勘違いした悟空が急に組み手を始め『正拳突き』が心に刻み込まれた」という、悟空との初デート時の様子を悟飯に語ったこともある。

担当声優の変化 編集

当初チチ役を担当していた荘は、妊娠による出産と育児休業の為、1990年末をもって降板。後任には、それ以前からプーアル役で番組に参加していた渡辺菜生子が起用され、1991年3月公開の劇場版「超サイヤ人だ孫悟空」から荘と交代。TV版では4月放送分だった『ドラゴンボールZ』第86話から、同シリーズの終了までチチ役を務めた。

初代声優の荘も現在は声優業に復帰しており、2003年発売のプレイステーション2用ソフト「ドラゴンボールZ」では、約13年ぶりにチチ役に復帰。ゲームでは荘と渡辺が交代でチチ役を担当しているが、2006年以降は、荘が所属事務所の経営業務で活動が減少したこともあって、再び渡辺がメインで担当している[10]

ドラゴンボールGTでのチチ編集

究極のドラゴンボールで小さくなった悟空に、自分と見た目の年齢が更に開いてしまった事(ただでさえサイヤ人である悟空は老化がチチより遅い。この事で若い娘との浮気を疑う発言もあった)を嘆くものの、結局「小さくなっても悟空は悟空」と了承する。ただし、上記のZ編での鍛錬をこの時期にいたってもなお継続していた影響で、体力面の衰えは殆ど無く、若い時代の戦闘レベルを維持できている[11]。そのため同世代の地球人女性と比べると、孫がいる事を感じさせない若々しい容姿を保っている。

更に皆を恐れさせる強い態度までも健在で、「口が悪い」という理由で悟天に寄生したベビーを黙らせている。息子の嫁であるビーデルとの仲は良好で、ビーデルもチチを「お義母さん」と呼んで慕っている。

ベビーに洗脳されている間は無表情になっていることが多く、悟飯や悟天に悟空を殺させようとした。ツフル星移住後もビーデルと行動を共にし、大猿ベビーに気功波を放たれた時に悟空に救出されている。

孫家で食事会をした際にはその料理の腕を存分に発揮し、ブルマやブラにもうまいといわせるほどである。料理はパオズザウルス、七色イボガエルのから揚げ、ムカデうなぎのスープなど見た目はゲテモノであるが、悟飯の話によるとパオズ山でしか取れない食材ばかりとのこと。孫家で暮らすビーデルやパンもこれらの料理を気にせずに食べている。

最終回で神龍と共に旅立つ悟空に、夕飯までには帰って来る様にと呼びかける。しかしこれが作中で夫に向けた最後の言葉となっている。

テーマソング 編集

初恋は雲にのって
歌:山野さと子/作詞:森由里子/作曲:いけたけし/編曲:田中公平
曲名通りチチの悟空に対する恋心を筋斗雲に絡めて歌ったもの。幼少期に、アニメオリジナルにおけるレッドリボン軍編のなかで、軍と戦う前の悟空とチチが再会した際、作詞・作曲された。
ママは幸せ祈ってる
歌:Waffle/セリフ:チチ(荘真由美)/作詞:森雪之丞/作曲:清岡千穂/編曲:山本健司
悟空やピッコロの元で修行ばかりしている悟飯を心配し、勉強を促す内容。
心から濡れた二人
歌:野沢雅子(孫悟飯)、荘真由美(チチ)/作詞:佐藤大/作曲・編曲:藤原いくろう
前述した悟空への不満の一環を歌ったもの。
イ・ケ・ナ・イ うららマジック
歌:野沢雅子(孫悟飯)、渡辺菜生子(チチ)/作詞:佐藤大/作曲・編曲:藤原いくろう
「心から濡れた二人」同様、悟空への不満を歌ったもの。
永遠の地球
歌:Waffle/作詞:森雪之丞/作曲:清岡千穂/編曲:山本健司
チチの悟空に対する想いを地球に託した正統派のイメージソング。

ゲームでの登場編集

  • ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人」では、天下一武道会モードで隠れキャラとして登場。本編では見せなかった舞空術で、自在に空を飛びながら戦っている。
  • 超ドラゴンボールZ」ではプレイヤーキャラ化を果たす。
    • 外見は原作カラーの天下一武道会出場時の道着姿で、如意棒や芭蕉扇、筋斗雲など初期ドラゴンボールの道具を使って戦う。幼少期に着用していたビキニ型アーマーにコスチューム変更が可能。
    • 継承スキルモードでは、条件次第で他キャラの技も習得できる。かめはめ波やフリーザのフレックスレーザーなど、作中では一切使用しなかった気攻系の技もゲーム内では使用可能。
  • ドラゴンボールZ Sparking!METEOR』には少女期の姿で操作可能。大人の姿では使用できない。孫悟空(GT)との対話シーンでのみ、チチも少女時代の姿に若返ったことになっている設定が分かる。なお、大人になった悟空と対決させると、悟空は「この頃は可愛かったのに」と言い、勝利後に「何でああなっちまったんだろ」と発言する。青年悟飯は勝利後は「今も昔も変わらない」と発言する。またフリーザ一味の雑兵を見て「こいつらてえした強さじゃねえだ。おらでも充分勝てるだよ」と言い切るシーンがある。

その他・補足事項編集

名前の由来は「乳」から。鳥山曰く、牛魔王の娘なので牛に関係したもので女の子っぽい名前にした[12]。 天下一武道会での再登場時、担当編集の鳥嶋和彦がすぐ悟空とのラブコメを提案しそうで、恋愛が苦手な鳥山はあっさり結婚させたという。 鳥山はチチを描くのが苦手だったが[13]、チチがきつい性格になって口煩くなったのは、悟空が無職で牛魔王の財産を食い潰して生活しているせいだと語っている[14]

武道以外の特技に料理上手な面があり、ビーデル曰く家で雇っているコックよりも美味しいとのこと。アニメでは悟空や悟飯も「家に帰ってお母さん(チチ)の手料理が食べたい」と発言している。

原作・アニメ共に劇中で牛魔王が娶った妻については、チチの誕生後間もなくして他界したため、詳しくは描写されていない。アニメでは再建された牛魔王の城に「悪魔の帝王」と呼ばれていた頃の牛魔王の肖像画があり、赤ん坊のチチを抱えた妻の姿も描かれていたが、彼女の顔は画面には映されなかった。しかし、チチ同様に長く髪を伸ばした道着姿であることが確認できる。更にアニメ版では、占いババ・亀仙人・孫悟飯 (孫悟空の育ての親)らとも面識があった描写がある。

アニメでは数少ないが、亀仙人からセクハラされる等のお色気的シーンも描かれた。

『アニメージュ』が主催する人気投票によるアニメグランプリの女性キャラクター部門で、1989年に『ドラゴンボール』の女性キャラクターとして唯一ランクインしている。(ブルマが唯一ランクインしたのは1992年で、ドラゴンボールZの時期である)当時の読者投稿コーナー等で、チチは男性ファンが多い事を編集部がコメントしている。


ギャラリー 編集

脚注 編集

  1. アニメ第32話では、ドラゴンボールを探し出そうと村を襲撃したレッドリボン軍のシルバー隊兵士も同様にこの攻撃方法で泣きながら倒している。
  2. ただし幼少時のチチの事は悟空もよく覚えていた。
  3. ジャンプ・コミック出版編集部編「第4章 友情の章 友情3 チチ」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、68頁。「悟空さ」の呼び方には強い愛情が込められている。
  4. 仲間たちの批判に対して、悟空自身はチチに1度も嫌悪感を見せていない。
  5. ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 15 チチ」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、29頁。
  6. 原作ではあっさり結婚したが、アニメでは悟空の勘違いをチチが知るシーンがあり、一瞬涙ぐむが悟空がそれでも結婚を承諾した事で喜びも大きく描かれている。
  7. 作中で戦闘シーンが登場する女性キャラクターとして、他には人造人間18号やビーデルなどがいる。
  8. 1989年の週刊少年ジャンプの特集では戦闘力130で、鶴仙人や武道会時の餃子より高い数値。
  9. アニメのブウ編終了後カプセルコーポレーションで行われたパーティで空手の型に似たパフォーマンスを見せるが、現役を退いてから長期間経って準備無しにいきなり披露した事が災いしてぎっくり腰になり、チチは「やっぱ年には勝てねえだ」とコメントしていた。しかし、デンデやトランクスなどは、そのチチの一連の動きを見て「凄い!」と評価した。
  10. 『ドラゴンボールZ』のデジタルリマスター・再編集版である『ドラゴンボール改』では、荘が担当していたパートを渡辺で録り直されている。
  11. 超17号との対戦の悟空を加勢に行こうとした際に常人離れしたジャンプ力を見せ、その後の超一星龍と悟空との対戦を見届けに駆けつけた際にも、一星龍から悟飯たちと同様に巻き添えの強烈な攻撃を喰らうも死ぬには至らないタフネスぶりを見せた。
  12. ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER STORY 人造人間編~魔人ブウ編 All BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158頁。
  13. ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明×中鶴勝祥対談」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL Z」孫悟空伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年10月8日、ISBN 4-08-873546-3、96頁。
  14. ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明WITHDRAGON BALL」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER STORY 人造人間編~魔人ブウ編 All BOUTS & CHARACTERS』149頁。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki