FANDOM


データカードダス ドラゴンボールZ2は、バンダイより発売されているトレーディングカードを使用するアーケードゲームデータカードダス』の一つ。また、「データカードダス ドラゴンボールZシリーズ」の2作目である。

2006年4月中旬から、2007年5月中旬にかけて稼働し、続編の「DRAGONBALL Z 爆烈IMPACT」の登場によって、稼働終了した。

遊び方

  1. 100円玉を入れる。
  2. 一人で遊ぶか(赤のボタン)、対戦するか(緑のボタン)、遊ばずに買うか(青のボタン)のどれかを20秒以内に選ぶ。(20秒以内に押さないと、カードを買ってしまう。つまり、ゲームができなくなる。)
  3. 一人で遊ぶを選んだ場合は、Zバトルモード(赤のボタン)で遊ぶか、チュートリアルモード(緑のボタン)で遊ぶか、ランキングモード(青のボタン)で遊ぶかを、20秒以内に選ぶ。
  4. 二人で遊ぶを選んだ場合は、すぐに遊べる。
  5. 遊ばずに買うを選んだら、「本当によろしいですか?」という画面が出てきて、カードを買うことができる。

Zバトルモード

  1. 3人の敵(COM)が出てきて、確認をする。
  2. カードを読み込ませる。

チュートリアルモード

  1. 孫悟空と界王様が、詳しくゲームの解説をしてくれる。(カードは使えない)
  2. 説明が終わったら、さらにもう1回自由に戦うことができる。

ランキングモード

  1. データカードダス内に登録されているランキングの中から、1位の人と戦うことができる。(※ランキングは、100円玉を入れる前にTOP10が表示される。)
  2. カードを読み込ませる。
  3. 戦いに勝ったら、自分のデッキがランキングに載る。「よくやった!次は友達と対戦してみよ!」と出てきて、ランキング登録画面が出てくる。マークとそのマークの色を選んだら、カードがもらえる。
  4. 戦いに負けたら、そのままカードがもらえる。

※ただしバージョンアップされる時にすべて孫悟空になる。

デッキを読み込ませるときの注意

  • コスト(☆)を4つまでにしないといけない。(ミスターサタン(010-Ⅱ)・天津飯(054-Ⅱ)・大会の時を除く)
  • バトルカード・サポートカード・イベントカードの順番に読み込ませないといけない。

レア度の確かめ方

  • ノーマル・・・・・・何も光っていない。
  • 金レア・・・・・・・・・・文字が光っている。番号の上の金色の星1個(名前、属性、BATTLE,SUPPORT,EVENTの文字、第2弾以降はATとBLの数字)
  • 激レア・・・・・・・・文字とキャラクター以外が光っている。番号の上の赤色の星2個
  • 爆レア・・・・・・・・レア+激レア、番号の上の金色の星2個
  • 極レア・・・・・・・・背景・周りが多少光っている黄色の大きな星1個(激レアより出にくく、爆レアより出やすい、カードは全部で2種類)
  • シークレット・・・・・・・・背景・周りが多少光っている黄色の大きな星1個(非常に出にくく、カードは全部で2種類)

超カードゲームとの関係

ドラゴンボールZ2のカードは、超カードゲームでも遊べる。但し、Z1のカードでは遊べない。Z1のカードでは機能や能力などカードゲームに必要な条件が満たされていないため。そのかわり、超カードゲームではZ1のカードをリメイクして再発売しているため、このカードの場合は使用できる(超カードゲーム用の機能や属性が追加された他、イラスト変更)。爆烈インパクトではカードゲーム用の機能が消滅してしまった(超カードゲームについている爆烈インパクト対応カードはOK)。

関連項目

Stub この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki