FANDOM



ドラゴンボールDS』は2008年9月18日バンダイナムコゲームスバンダイレーベル)から発売されたニンテンドーDS用3Dアクションゲームである。

概要

ドラゴンボールニンテンドーDS作品第3弾。原作におけるブルマ孫悟空の出会いから、第二十一回天下一武道会までのストーリーを追体験できる。また、オリジナルのサブシナリオも収録されている。

2010年1月28日に値段が安くなったバリュープライス2800版が発売し、同年の2月11日に続編の『ドラゴンボールDS2 突撃!レッドリボン軍』が発売。

システムと基本操作

基本的な操作は全てタッチペンで行う。任意にボタンを振り分けるショートカット機能も使用可能。

攻撃は「モード変更ボタン」をタッチすることで、格闘モード(素手)と如意棒モードを切り替える。

ストーリー

  • エピソード1 - ブルマと出会い、ドラゴンボールを探す旅に出る。
  • エピソード2 - ウーロンとの闘い。
  • エピソード3 - ヤムチャとの闘い。
  • エピソード4 - フライパン山を静めるため亀仙人を連れてくる。
  • エピソード5 - ウサギ団との闘い。
  • エピソード6 - ピラフ一味にドラゴンボールを奪われ、神龍が出現。
  • エピソード7 - 亀仙人のもとで修行を始める。
  • エピソード8 - 第二十一回天下一武道会。

登場キャラ

キャラボイスはイベントや戦闘の一部のみ。 テンプレート:節stub 『ドラゴンボールDS』

『ドラゴンボールDS2』

主題歌

続編

  • また、声優の郷里大輔が牛魔王を演じるのはこの作品が最後(遺作)となった。

外部リンク

Stub この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラゴンボールDSにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki