FANDOM


ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』(ドラゴンボールゼット きょくげんバトル!!さんだいスーパーサイヤじん)は、1992年7月11日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作第10弾である。監督は菊池一仁

夏休みの東映アニメフェアの1つとして上映された。同時上映作は『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ぶちやぶれ!!新生6大将軍』『ろくでなしBLUES』。

**スポイラーの警告! 詳細をたどる下のプロット。 セクションをスキップ

解説

邦画興行収入(25.5億円) 1992年邦画配給収入(15.0億円)

本作はトランクスの初出演作品である。亀仙人とウーロンがミスこの世で一番べっぴん世界大会で水着ギャルをあれこれ妄想するなど、ドラゴンボールの名物シーンも登場している。劇場版10作目ということもあって、劇場公開時のプログラムでは過去10作品を振り返る内容の記事が掲載されていた。

ドクター・ゲロ死亡後から、セルが完全体に変身する前あたりだと『ドラゴンボール大全集』6巻で解説されており、前作『激突!!100億パワーの戦士たち』より時期的には前の話となっている。

2006年4月14日発売の「ドラゴンボール劇場版DVD-BOX」に収録されており単品のDVDは2008年11月14日発売。

あらすじ

人造人間17号によって、ドクター・ゲロは殺された。しかし、人造人間達ですら知らない極秘の地下研究施設では、ゲロの怨念を引き継いだスーパーコンピューターが引き続き『孫悟空抹殺』を目的に開発を続けていた。

平和な日常を送る悟空達の前に、突如として謎の2人組が襲撃をかけ、街を破壊し始める。その存在に気付いた悟空は、2人に気が感じられない事から、ドクター・ゲロの作った人造人間である事を察知する。街中で戦う悟空とトランクスであったが、トランクスの咄嗟の一言で、人気のない場所へ誘き出す。

その頃、ドクター・ゲロの研究所では最後の人造人間・13号が完成し、孫悟空の元へと迫っていた。

ゲストキャラクター

ドクター・ゲロのコンピューターが孫悟空抹殺のため作りだした、彼の遺志を継ぐ人造人間として、以下の3体が登場。原作には登場しないものの「13、14、15号はかなり完成度が高かった」と解説されていた。

人造人間13号
3体の中では最強の力を持つ、最後に目覚めた人造人間。帽子と胸の服にRRのマークが入っている。14号・15号と異なり外見は一般の人間に近い。2体に比べて人語も堪能な上に饒舌であり、自分達の目的は「孫悟空を殺す事である」事を明言している。ほかの人造人間を吸収しての強化といった点から、東映アニメフェア92夏のパンフレットでは、セルの原型ではないか?と指摘されている。
南極にて悟空との一騎打ちの最中、倒された14号と15号の戦闘データーチップと動力炉を吸収してさらに強力な「合体13号」[1]となった。合体後は、3メートルを越す巨体となり、体の色が青く変色して筋肉が隆起し、眉毛が消えて白目を向き、白い髪が赤くなって逆立つなど外見上の劇的な変化に加え、他の2体の仲間同様に人語を発さなくなり、理性がほとんど失われる。
どんな攻撃にびくともせず、トランクスやピッコロを一蹴するほどの強さを得るも、元気玉を吸収して超サイヤ人化した悟空の迫力に焦りを感じ、慌てて右腕で悟空を殴り掛かるが、殴った弾みに右腕が消滅し始め、今度は左腕で殴り掛かるが、左腕も殴った弾みに消滅し始め、どうする事も出来ず、「孫悟空…」と言った瞬間に悟空から重い拳の一撃で胸を貫かれ、「孫悟空ー!」と断末魔を言い残して大爆発を起こした。この時の悟空は、13号を倒したことを憶えていなかったらしく、病院でクリリンにその事を伝えられた時は、「オラ、分かんねぇ…」と答えていた。
両手から追尾機能のある人工エネルギー弾を放つ技「S.S(スーパー・スペシャル)デッドリィボンバー」は、本人によれば「地球の半分を破壊するほどのエネルギーが凝縮されている」とのことだが、ベジータのエネルギー弾で弾き飛ばされた。
この劇場版で13号の声を務めていた曽我部和恭2006年に死去した事で、プレイステーション2専用のゲームソフト『ドラゴンボールZ Sparking!NEO』、続編の『ドラゴンボールZ Sparking!METEOR』では遠藤守哉が人造人間13号の声を担当している。
人造人間14号
3体の中では最も巨漢のロボット型人造人間。白い肌に辮髪を結っている。ベルトとバックルにRRのマークが入っている。
13号とは異なり、人語はほとんど話さず、機械的に「ソン ゴクウ」と繰り返し音声を発するのみである。また、ほかの2体に比べて表面的な表情の変化にも乏しく、戦闘中もほぼ常に無表情である。
13号よりも先に目覚め、13、15号と共に悟空達と戦う。南極でのトランクスとの戦いでは、彼の剣を指先2本で受け止めるなど無類の強さを見せたが、最終的にはトランクスの剣術で上半身と下半身に体が真っ二つに切断されて爆発した。その後は、15号と共に体のパーツは13号に吸収された。
人造人間15号
3体の中では最も小柄のロボット型人造人間で、14号と同様に人語はほとんど話さない。常に酒ビン風のエネルギー補給用のドリンクを携帯している。肌の色は紫、蝶ネクタイにRRのマークが入っている派手な色の服を着用し、サングラスと巨大な帽子が特徴。19号と同じように帽子の下が内部が見える電子頭脳な事に加え、眼球部はほぼ機械のままである。これらはドクター・ゲロのコンピューターと直結しており、戦士たちのデータを分析することができる。
身だしなみに気を配っているのか、戦闘中でも帽子や衣服の乱れを整えている場面がある。それ以外では優勢になると表情をニヤリと歪める他、歩いている最中に突然雪の中に埋まったり、風で顔に当たった14号の辮髪を嫌悪感を露わにしてどけたりと、他の2体に比べてどこか滑稽な場面が多い。
13、14号とともに悟空、トランクスと戦った。14号との連携攻撃は抜群であり、悟空達の動きを全て読んでおり、トランクスや悟空を圧倒していた。途中で現れたベジータとは互角以上の戦いを展開していたが、最終的には一歩及ばずに首を折られて爆発した。その後は、14号と共に体のパーツは13号に吸収された。

声の出演

スタッフ

主題歌

脚注

  1. 東映アニメフェア92夏のパンフレットやフィルムブックでは「変身13号」と表記

関連項目

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki