FANDOM



ドラゴンボールZ 真武闘伝』(ドラゴンボールゼット しんぶとうでん)は1995年11月17日バンダイ(現:バンダイナムコゲームス)から発売されたセガサターン対戦格闘ゲームである。

概要

バンダイセガサターン用ソフト参入第1弾。登場キャラクターとそのキャラのグラフィック以外はプレイステーション用ソフトの『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22』とはほとんど別物であり、スーパーファミコンの超武闘伝シリーズでお馴染みだった距離が離れると画面が分割されるデュアルスクリーンシステムが復活し、背景もポリゴンではなく2Dステージに戻っている。2Dに優れたサターンの性能もあってかグラフィックがUltimate Battle 22よりも解像度が若干高くなっている。その他にもUltimate Battle 22では隠しコマンドを入力しないと出現しない隠しキャラが初めから存在しており、今作オリジナルのサタンモードがある。また、オープニングムービーもUltimate Battle 22のを再編集したものになっている。

ゲームが出た時期の登場キャラは過去に比べて敵味方ともに強くなっており、そのためか対戦前の掛け合いにおいてフリーザ編以前のキャラが雑魚扱いされている。

ゲーム内容

1P VS CPU
キャラクターに関係した10人のキャラクターと闘う。キャラクターごとにエンディングがある。
1P VS 2P
対戦モード。
天下一武道会
トーナメントモード。
Mr.サタンモード
サタンのライバルジャガーバッダの挑戦を受け、対戦キャラに掛け金などかける本作オリジナルのモード。エンディングは3種類ある。
OPTION
難易度、対戦回数、時間などの設定が出来る。

登場キャラクター(操作可能)

その他登場キャラ(操作不可)

  • アナウンサー(声:鈴置洋孝)
  • チチ(声:渡辺菜生子
  • 餃子(声:江森浩子
  • ジャガーバッダ(声:龍田直樹)※劇場版に登場したキャラ。Mr.サタンモードに登場。
  • ナレーション(声:八奈見乗児
  • アイテム商人(声:八奈見乗児)

備考

  • ディスクをCDプレイヤーに入れることでゲーム中の音楽を聴けるようになった。

関連項目

執筆の途中です この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラゴンボールZ 真武闘伝にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki