FANDOM


ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』(-ゼット スーパーせんしげきは!!かつのはオレだ)は、1994年7月9日に公開された「ドラゴンボール」シリーズの劇場公開作第14弾である。監督は上田芳裕

夏休みの東映アニメフェアの1作品として上映された。同時上映作は『Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!!わくわくハートの夏休み』『SLAM DUNK 全国制覇だ! 桜木花道

**スポイラーの警告! 詳細をたどる下のプロット。 セクションをスキップ

解説

邦画興行収入(19.0億円) 1994年邦画配給収入(11.2億円)

前作『危険なふたり!超戦士はねむれない』に引き続き敵はブロリー。ドラゴンボールZの劇場版で前作と直接ストーリーがつながっている続篇は『100億パワーの戦士たち』以来。

人造人間18号は劇場版では本作のみの登場。同映画のポスターでは孫悟天トランクスと同様に大きく登場している。また、クリリンが久しぶりに戦闘メンバーとして活躍するシーンも見られる。第1作は悟空を、第2作は悟飯を、第3作目である今作は悟天をメインにブロリーと戦うというコンセプトのため、悟天たちの活躍の場面を奪ってしまう恐れのある孫悟飯は登場せず、終始主役は孫悟天とトランクスのちびっ子二人組となっている。また、孫悟空に関してもラストシーンに一言程度コメントするだけの登場という、全作通して最も軽い役割として現れる。

時系列的には18号がミスター・サタンへの取立てを行っていることと、悟空が死んでいることから『ドラゴンボール大全集』第6巻では第25回天下一武道会終了から魔人ブウとの対決までの間と記述されている。

また本作のEDには、原作にもアニメ本編にもなかった悟天とトランクスの生まれた頃のシーンが描かれている。

2006年4月14日発売の「ドラゴンボール劇場版DVD-BOX」に収録されており単品のDVDは2008年1月9日発売。

あらすじ

天下一武道会の賞金の取立てを行いにミスター・サタン宅には18号たちが訪れていた。 散々取立てを行ってもまだ賞金が届いていないと言い張るサタンの下にいとこのジャガー・バッダ男爵の使い・メンメンが現れる。 サタンのために用意した戦士と戦えという要求に対していやいやジャガーの下へ向かうサタン。しかし、人造人間18号や同じ場にいた孫悟天、トランクスも付いて行ってしまう。

サタンの弟子として何故か戦うことになった18号たちだが、ジャガーの準備した戦士など彼女らの敵ではなくバイオ戦士たちを一蹴してしまう。 その後、見慣れない施設群に興味津々の悟天たちだったが、そこでサイヤ人と思われる一体のバイオ戦士のカプセルを発見、中にいた戦士がこちらを向いた瞬間に悟天たちは驚愕した。それは前回の戦いで死亡したブロリーのクローン、バイオブロリーだった。

バイオカプセルから出てしまう前にバイオブロリーをカプセルごと破壊しようと試みるも、バイオブロリーは自らカプセルを破り外に出てきてしまう。もはやかつての面影のない不気味な様相となっていたバイオブロリーに、18号が戦いを挑むもバイオブロリーの強さに太刀打ちできずにやられてしまう。

2度も同じ相手にやられてたまるかと、悟天とトランクスは超サイヤ人に変身し、バイオブロリーとの戦いに挑む。

ゲストキャラクター

ジャガー・バッタ
メイクイーン城の男爵で大富豪の息子。ミスター・サタンの幼馴染で、彼とは昔から仲が悪い。かつてはサタン同様格闘家を目指していたらしいが、小学6年生のときに同じく武道家を目指していたサタンに破れ、素質がなかったため夢を断念して結局父の後を継いだ。以来、サタンを逆恨みし、サタンへの仕返しのために科学者達を雇い、ブロリーをはじめとしたバイオ戦士を製造させる。サタンに挑戦状を送りつけ、城に用意させていたバトルステージでバイオ戦士たちをけしかける。あくまでサタンに勝つことが目的であったため、彼の弟子ということにされていた悟天やトランクスがバイオブロリーに圧倒される姿を見て最初は喜んでいたが、次第に命の危険に晒されるほどの追い討ちが始まると流石に動揺を見せていた。ちなみに、本人曰くバイオ戦士たちはすべて彼の命令を聞くように作られているらしいが、さすがにブロリーは制御できなかった。彼が作り出したバイオブロリーの所為で培養液が大量に流れ出す切っ掛け作ってしまった事に深く後悔し、反省する様になる。最終的には、培養液で逃げられなくなっていた所をメンメンと共にトランクスに救出された。頭が悪く、「金は風呂水(湯水)のようにある」「ヘアスプレー(フェアプレー)の精神」等、慣用句等を度々間違えて使用するために劇中メンメンや18号に突っ込まれていた。文字通り丸々と太っており、サタン曰く「昔の面影がない」。飼っていた犬のヘイは、培養液で溶かされてしまう。
名前の由来は男爵イモじゃがバター、城の名前はジャガイモの品種名・メークイーンから。
メンメン
ジャガーの秘書で、彼の従兄弟。「小学校六年の合宿のときにおねしょした」というサタンの秘密を暴露すると脅迫し、サタンをメイクイーン城に連れて来る。スーツ姿でクールに決めるがドジである。関西弁で話す。最終的には、培養液で逃げられなくなっていた所をジャガー・バッタと共にトランクスに救出された。
ヘイ
バイオテクノロジーにより造られたジャガーのペット。顔は怖いが性格は優しい。
コリー博士
ジャガーが雇った遺伝子工学が専門の科学者。多くのバイオ戦士達を製造した。
ナイン
コリー博士の助手の女性研究員。バイオ生物の製造に関わったが、実は心優しい性格。クリリンに助けられ生存。
名前の由来はヘイ・コリー・ナイン・メンメンを合わせて「の中の懲りない面々」(安部譲二の著作)から来ている。
祈祷師
前作にも登場。ナタデ村での悟天たちの活躍によって面目を潰され、村からの信用を失った祈祷師。宇宙ポットからブロリーの血液を手に入れ、ジャガーに売り渡す。その後、大金を手にして高飛びしようとしたが、培養液に飲み込まれてしまう。
バイオ戦士
コリー博士により戦うことだけを目的に造り出されたバイオ生物。独特な肌の色をしている。
バイオブロリー
再び登場した『伝説の超サイヤ人』。前作で残された宇宙ポッドの血液からバイオテクノロジーの力によって誕生したブロリーのクローン。前作で倒された本物のブロリーとは別の存在であるが、悟空に対する憎しみの記憶は受け継がれていた。悟天、トランクス、クリリン、人造人間18号の4人を苦しめる。

詳細はブロリー#バイオブロリーを参照

声の出演

スタッフ

主題歌

  • OPテーマ「WE GOTTA POWER」(作曲・編曲 - 石川恵樹
  • EDテーマ「ドラゴンパワー∞」(作曲 - 林哲司、編曲 - 戸塚修)

2曲共に、作詞 - 森雪之丞、歌 - 影山ヒロノブ

脚注

  1. エンドロールでは『クリリンの娘』となっている。

関連項目

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki