FANDOM



ドラゴンボールZ HYPER DIMENSION』(ドラゴンボールゼット ハイパー ディメンション)は1996年3月29日バンダイから発売されたスーパーファミコン用2D対戦格闘ゲームである。『ドラゴンボールZ』のスーパーファミコン最終作品。

概要

分割画面など『ドラゴンボールZ 超武闘伝』シリーズ独自の要素が軒並み廃止され、『ストリートファイターII』に近い純粋な2D格闘ゲームになっている。ガードキャンセル、空中連続技、小ジャンプといった当時としては最新のシステムに加え、スーパーファミコンの性能を限界まで使用したグラフィックを盛り込んでいたが、当時は既に末期状態であったハードでの発売ゆえに総生産数が少なく、売り上げは伸びなかった。

システム

同じスーパーファミコンの『超武闘伝』シリーズとは全くの別物になっており、必殺技名や基本操作にその名残を若干残すのみとなっている。

基本システム
  • 相手の体力を0にすれば勝利。タイムオーバーは無い。
  • ジャンプ中はガード不能。
  • 一部の特殊な攻撃(いわゆる浮かせ技)をヒットさせた後は3発まで追撃が可能であり、空中コンボが醍醐味にもなっている。
シリーズ共通のシステム
  • Aボタンを使用したエネルギー系必殺技で体力を消費。
  • B+Yボタンの入力で体力を回復できる。
本作独自の特徴
  • 従来のドラゴンボールゲームとは異なり、気のゲージと体力ゲージが連結している。
  • 体力が80以下になるとゲージが点滅しメテオスマッシュが出し放題となる。
  • 2ライン制だが、コマンド入力で一瞬奥へと移動する回り込みのような扱いである。
  • 特定の打撃技をヒットさせる事で相手を吹き飛ばす事が出来る。その際、ステージも上空や地底深くなどに変更する事がある。
  • 上空ステージでは常に浮遊した状態となる。下段判定が無くなり移動スピードが低下する。

ゲーム内容

  • ストーリーモード
フリーザ戦からのストーリーを追うモード。キャラクターの変更は不可。仙豆によりコンティニュー可。
最終ボスは魔人ブウ(純粋)だが、条件を満たすと、主人公達が魔人ブウを倒す為、極限まで極めた互いの力を組み手で確かめ合う隠しシナリオが登場。
  • 対戦モード
    VS2P
    VSCP
  • 天下一武道会
    最大8人で闘えるモード。
  • 練習モード
    技の練習が出来る。
  • オプション
    ステレオ・モノラルの切り替えやBGMを聞くことができる

登場キャラクター

超サイヤ人2状態で登場。メテオスマッシュで一時的に超サイヤ人3化する。
老界王神によって潜在能力を開放した状態(アルティメット悟飯)で登場。
超サイヤ人3状態で登場。
バビディに洗脳された状態で登場。
悟空とベジータがポタラで融合した姿。
神と融合した状態で登場。
最終形態で登場。キャラクターセレクト時には第一形態から流れるように変化を見せる。
完全体で登場。メテオスマッシュの一つでパワー重視タイプに変形できる。
魔人ブウ(善)
理性を完全に失った状態の魔人ブウの純粋体(最終形態)。

予約特典

専用ソフトケース

関連書籍

ドラゴンボール 最強格闘BIBLE(Vジャンプ ゲームブックスシリーズ)
本作とプレイステーション用ソフト『ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説』、『ドラゴンボール FINAL BOUT』の計三本が一冊になった攻略本。ゲーム紹介、各キャラクターの連続技を解説。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラゴンボールZ HYPER DIMENSIONにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki