FANDOM



ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22』(ドラゴンボールゼット アルティメットバトル トゥエンティツー)は1995年7月28日バンダイから発売されたプレイステーション対戦格闘ゲームである。

概要

システムやキャラの技名等は、超武闘伝シリーズのものを多く受け継いでいる。超武闘伝シリーズからの主な変更点は以下のとおり。

  • キャラクター数の大幅な増加
  • キャラクターを育成するBUILD UPモードの搭載
  • キャラクターのグラフィックがドット絵ではなくセル画取り込み
  • 背景をポリゴンで表現することによって疑似3D化。
  • デュアルスクリーン、デモ必殺技の廃止。
  • 対戦時にムービーでキャラクターが会話し、原作通りの特定の組み合わせだとスペシャルグラフィックが見られる
  • 人造人間は気を溜められない、一部のキャラクターは舞空術・ダッシュが出来ない、サングラス(状のもの)を着用したキャラは太陽拳の目くらましからの復活が早い、などの個性分け

当時放送されたテレビCMでは悟空もしくは悟飯が強化されたクリリンの強さに驚き、クリリンが「鍛えてますから…(後にまだまだですよ…)」とほくそえみながらゲームをしているというものだった。

また、亀仙人やミスター・サタンといったキャラクターが使用可能となった最初の対戦格闘ゲームである。また亀仙人の声は初代の宮内幸平であり、遺作の一つとなった。

基本操作とシステム

十字キーとパンチ(□)・キック(×)・光弾(○)・舞空術(△)で構成されている。L1ボタンとR1ボタンで各方向にダッシュ可能。

体力ゲージのほかに気力ゲージが存在し、エネルギー弾や光弾系必殺技を使用する際には一定の気力ゲージを必要とする。気力ゲージがなくなるとフラフラになる。□ボタンか×ボタンか○ボタンを押し続けると回復が可能。

応用操作や防御法等

組み技
相手が近くにいるときに←or→+□
バックステップ
十字キーを後ろの方向2連打。
光弾弾き
光弾が接近してきた時□ボタンと×ボタン。
衝撃波、バリアー
十字キー↓左下←+○。気を消費して光弾をかき消す事が出来る。

ゲーム内容

1P VS CPU
22人のCPUと戦うモード、特定の条件(ノーコンティニュー、または体力を一定以上残して勝利)を満たすと隠しキャラと闘うことも出来る。全キャラを倒すと見られるエンディングでは、難易度とコンティニューの有無によりグラフィックが追加される。
1P VS 2P
対戦モード。
天下一武道会
16人の戦士(最大8人まで操作可能、残りはCPUが操作)が優勝を目指し闘うモード。審判のコールが秀逸(子供のキャラに「~君」。ピッコロを「マジュニア」等)。
BUILD UP
闘わせる事によりキャラを育成できる。闘い方によって成長の仕方が変化する。ドラゴンボール FINAL BOUTにデータを引き継ぐ事もできる。
BUILD UP BATTLE
育成したキャラ同士で闘えるモード。
OPTION
難易度、アニメムービーの有無等の設定が出来る。

操作キャラクター

以下の五人は隠しキャラ。タイトル画面で隠しコマンドを入力することで使用可能になる。なお、隠しコマンドを入力するとタイトル画面の表示が「Ultimate Battle 22」から「Ultimate Battle 27」に変化する。

その他の登場人物

関連書籍

ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22(Vジャンプ ゲームブックスシリーズ)
攻略本。各キャラクターの解説、コマンド入力のコツなどを解説。袋とじには隠しキャラクターの情報を記載。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラゴンボールZ Ultimate Battle 22にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki