FANDOM


DRAGONBALL オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』(ドラゴンボール オッス!かえってきたそんごくうとなかまたち!!)は「ジャンプスーパーアニメツアー08」で上映されたオリジナルストーリーの特別編アニメ。『Vジャンプ』で漫画化もされた。

概要

2008年9月21日 - 11月23日の期間で全国11会場で開催された「ジャンプスーパーアニメツアー08」で上映されたオリジナル作品。上映時間は約35分。同時上映された作品は「ONE PIECE ロマンス ドーン ストーリー」、「テガミバチ 光と青の幻想夜話」、「BLEACH カラブリ! 護廷十三屋台大作戦!」、「銀魂 白夜叉降誕」、「遊☆戯☆王5D's 進化する決闘!スターダストVSレッド・デーモンズ」、「BLUE DRAGON 天界の七竜 -クライマックス予告編-」。公式サイトで2008年11月24日から2009年1月31日までの期間限定で無料配信もされていた。

魔人ブウ編の約2年後のエピソードで、鳥山明がシナリオ原案およびキャラデザインを手がけている。悟空の道着が人造人間編以降の無印のものではなく、亀マークが入ったフリーザ戦までのものであったり、ベジータの服装がメインビジュアルでは魔人ブウ編のノースリーブタイプだったが、本編では人造人間編の戦闘ジャケットだったりと、若干の違いがある[1]

その後、『Vジャンプ』2009年5月号および6月号で、鳥山明の監修とオオイシナホの作画による前後編コミックが特別付録として掲載された。また、『週刊少年ジャンプ』誌上でDVDの通販も行われた。2010年9月3日には、上記の特別付録コミックとは別のJSAT版アニメコミックスが発売されている。[2]

ストーリー

魔人ブウとの戦いより約2年後のストーリー。ミスターサタンの戦勝記念ホテルが完成し、孫悟空と仲間たち一行は、式典パーティーに招待されたが、そこにベジータの弟であるターブルが現れ、アボ&カドの襲撃を知ることになる。

登場人物・キャスト

ナレーションはテレビシリーズと同じく八奈見乗児が担当している。本作オリジナルキャラクター以外の詳細は個別項目およびドラゴンボールの登場人物を参照。漫画版では、天津飯餃子も登場する。

  • 魔人ブウ
  • ベェ
  • カリン
  • ミスターポポ
  • デンデ
  • 老界王神
  • キビト神
  • 界王(北の界王)
  • グレゴリー
  • ランチ


オリジナルキャラクター

ターブル
声 - 森田成一 
サイヤ人の生き残りであり、ベジータの実弟。サイヤ人としては異例の大人しく好戦的でない性格。ベジータによると、戦闘に向いていなかったため、父親のベジータ王に辺境の星に追いやられていたという。身長はベジータより頭一つ分くらい小さい。一人称は「ボク」。アボとカドの2人に苦戦し、地球に助けを求めにやってくる。なおこのとき、ベジータの所在をナメック星人から聞いているため、ナメック星にも立ち寄ったようである。グレという妻がいる。気を探る能力はないためにスカウターを使っているが、ベジータにスカウターに頼ることを叱られた[3]。悟飯によく似た髪形で、前に少し髪を垂らしている。Vジャンプ付録のコミック版ではベジータと同じような髪型に変更されている。超サイヤ人には変身できない。


グレ
声 - 西原久美子 
ターブルの妻で、地球人の子供よりも小柄で、横長の楕円形の頭をした非地球人型異星人。義理の兄であるベジータを「お義兄さん」と呼び、丁寧な挨拶をするなど礼儀正しい性格である。夫のターブルが小食だったらしく、悟空とベジータの食欲にかなり驚いていた。出身惑星については不明。


アボ、カド
アボ - 沼田祐介、カド - 田中一成 、合体アカ - 増谷康紀
フリーザ軍の残党で、フリーザとは別の星に派遣されていた。ずんぐりとした体系だが、当時からギニュー特戦隊と肩を並べるほどの実力者で、現在ではフリーザに匹敵する実力を身につけている。悟空たちに敗北後、反省したのか、打ち解けている。必殺技は分身能力と合体。合体アカ時の必殺はスーパー破壊エネルギー波「ワハハノ波」、周囲にワハハノ波を乱射する「スーパーワハハノ波」。そしてフルパワーで放つ巨大なワハハノ波がある。
漫画版ではアポ・カドが分身して戦うシーンがなくなり、すぐにアカに合体する。

スタッフ


主題歌

オープニング『CHA-LA HEAD-CHA-LA
作詞:森雪之丞 作曲:清岡千穂 編曲:山本健司 歌:影山ヒロノブ
『ドラゴンボールZ』の初期オープニングをベースに、原作後半のキャラクターが登場する新映像となっている。
エンディング『ORANGE HERO』
作詞:haderu 作曲:elsa 歌:jealkb

漫画版

テンプレート:漫画 鳥山明監修とオオイシナホ作画により、『Vジャンプ』2009年5月号および6月号の特別付録として前後編コミックが執筆された。鳥山はこの漫画版について「少々(?)な部分があったオリジナルアニメ版より面白い作品だと確信している」と発言している[4]。 この漫画版では、アニメにあったシーンがカットされたり、キャラクターの服装などにいくつか変更点がある。アニメではオープニングしか登場しない天津飯と餃子が劇中に登場していることである。悟空とベジータの服装について喧嘩するシーンと皆が大根を引き抜くクジ引きシーンが、漫画版では省かれている。また、アポ・カドが分身して戦うシーンがなくなり、すぐにアカに合体する。他にも、アカとの戦闘時にもゴテンクスが狼牙風風拳・排球拳を使用しない。ヤムチャとクリリンが服を脱ぎ、道着姿になって落下してくる瓦礫を破壊するシーンが漫画版では無かったことになっている。その代わりに、合体アカの攻撃を見て「あんなエネルギーくらったら地球そのものが…」と言いながら、冷や汗を流すヤムチャの姿が描かれていたり、クリリンの台詞が天津飯の台詞に変更されている。和解後にアボ、カドが食べている大根がアニメでは悟空の家で採れたものだが、漫画版ではサタンが用意した御馳走になっているなど、変更点が見られる。

脚注

  1. ブウ戦の後に神龍の力で一般の人々からブウの記憶は消されているにも関わらずミスター・サタンが魔人ブウを倒した事を一般人が認知しているなど、原作やアニメとは異なる点もいくつかある。
  2. JSAT版アニメコミックス DRAGON BALL オッス! 帰ってきた孫悟空と仲間たち!! ISBN:978-4-08-874842-9
  3. 戦闘力を自在に変えられる為、潜在能力等は探れない
  4. 『Vジャンプ』 2009年5月号の付録

関連項目

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラゴンボール オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki