FANDOM



ドラゴンボール タッグバーサス』はバンダイナムコゲームス(バンダイレーベル)より2010年9月30日に発売されたプレイステーション・ポータブル(PSP)用ゲームソフト。開発はスパイク。

鳥山明原作の漫画アニメドラゴンボールZ』を題材にしたチーム対戦アクションゲーム。価格は5,229円。

プレイ人数は1人・通信時は2人〜4人。

概要

システムは基本的に『ドラゴンボールZ スパーキング!』シリーズに基づいてる。ただし、一部の操作や技の内容も変更されている。本作は『スパーキング!』シリーズとは異なりTVアニメ版『Z』のBGMは使用されていないが、『Z』放映当時のアニメ画像が幾つかサイズ調整をされて使用されている。

今回は題名の「タッグバーサス」の通り、2対2のチーム対戦が楽しめる内容になっている。また、2人同時に必殺技を発動させる新システムなどがある。

登場キャラクター

形態を含め70体の戦士が使用可能。一部の形態は省略されている戦士もいる(例:ベジット(通常時)、魔人ブウ(ゴテンクス吸収形態)、ブロリー(通常形態&超サイヤ人形態)、メカフリーザなど)。劇場版やアニメスペシャルのキャラクターは殆ど含まれていないが、バーダック・ブロリー・ゴジータは登場する。

また、声は『ドラゴンボール改』と同じ声優が担当しており、今作からミスター・サタンやセルジュニアの声が新たに変わっている。両者とも、アニメ放送よりも先に新しい声優が充てられて登場している。

その他

  • ブルマ(声:鶴ひろみ
  • ミスター・サタン(声:石塚運昇
  • 界王様(声:八奈見乗児
  • バビディ(声:八奈見乗児)
  • ナレーション(声:八奈見乗児)
  • 界王神(声:三ツ矢雄二
  • 亀仙人(声:なし)
  • デンデ(声:なし)
  • ネイル(声:なし)

先着予約特典

  • 道着クリーナー付きバーサスストラップ

攻略本

  • 集英社から同時に発売。価格は1,200円。

外部リンク

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラゴンボール タッグバーサスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki