FANDOM


バイオマンは、『ドラゴンボール』に登場するバイオ戦士

概要 編集

Dr.ウィローの手下の戦闘員。知能はそれほど高くは無いようだが、簡単な会話などは可能。Dr.コーチンと共にカメハウスを訪れ、亀仙人に戦いを挑むも一蹴される。しかし、ブルマを人質に取って亀仙人を連行した。また、ツルマイツブリ山を訪れた悟飯とウーロンを襲ったが、これもピッコロによって蹴散らされた。

名前の由来はバイオ工学で作られたから[1]

脚注 編集

  1. 渡辺彰則編 「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、68頁。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki