FANDOM


サタン・元気玉 この記事にはみんなの助けが必要だ!

この記事は未熟な編集者の間違いが含まれている!
もし正しいことを知っていたならば、
編集 ボタンをクリックしてその箇所を正すのだ。


フロスト(Furosuto)マフィア組織の銀河海賊。第6宇宙に第7宇宙の地球を置きたいがためにシャンパによって開かれた試合の選手の一人として選抜された戦士。表向きは戦争の世界を取り除くために戦う英雄となっているが、実際は戦争を利用して金儲けする極悪人だった。

概要 編集

語源 編集

名前の由来は霜から。

外観 編集

フリーザの色違い。違いは目が細いところと、フリーザの紫の部分が青になっているくらいしかない。

概念 編集

デザイン担当:とよたろう 性格:鳥山明

性格 編集

ピッコロから彼から悪の気を感じないと称されるように、フリーザのように堂々と悪人アピールはしないタイプ。リングに登るときに大げさに悟空に挨拶するように良いイメージを与えて裏でこそこそと行う。

その演技ぶりはフリーザに因縁がある悟空とベジータにさえ、きれいなフリーザと誤認させるほど。

歴史 編集

破壊神シャンパ編 編集

試合では悟空と対戦。ノーマル悟空よりやや劣勢であり、突撃形態になって漸く互角になる。しかしその後、悟空からスロースタートだったことを言われ、更に超サイヤ人に変身されたことでやむを得ず通常形態に変身。 戦いは相も変わらず劣勢であり万事休すと思われたところで毒針を不意打ちで使用。その後、悟空を場外に落とし勝利する。 ピッコロにも同様のやり方で勝利したが、ジャコに不正を見抜かれたことで一度は失格となる。 しかしベジータに不正を撤回され、ベジータに瞬殺され場外負けした。 アニメ版では戦闘後にヒットのキューブを狙うが、ヒットの時飛ばしで阻止され試合終了まで気絶したまま終わった。

宇宙サバイバル編 編集

  • 漫画版

力の大会に出場。フリーザの誘いに乗る(手を組む)が、利用されるだけ利用され最後はフリーザに裏切られ脱落した。 しかし利用されたとはいえフリーザのアドバイスに従いクリリンと天津飯を脱落させたほか、第9宇宙の選手をフリーザと共に全滅させるなどの功績を残している。 脱落後、フリーザがカリフラ戦でゴールデンになったことでシャンパから「うちのフロストとは似ても似つかない」と評されることになり、落ち込む姿が見られる。

  • アニメ版

力の大会に出場。フリーザと手を組み暗躍しようと企むが、逆にフリーザに裏切られ脱落。その際に脱落したにも関わらず攻撃したことで全王様の怒りを買い消された。

変身 編集

第1形態 編集

フリーザとほぼ同じ。フリーザと違い、戦闘服のようなものは脱がなかった。

第2形態 編集

作中では披露せず。漫画版ではおまけページにおいてクリリンの想像で登場。

第3形態(突撃形態) 編集

フロストアサルトモード

フリーザとほぼ同じ。

最終形態 編集

最終形態

フリーザとほぼ同じ。

最終形態フルパワー 編集

フリーザとほぼ同じ。アニメ版では力の大会でフリーザから教わった際に披露。

編集

デスビーム
フリーザとほぽ同じ。未遂に終わっている。
魔封波返し
アニメ版で亀仙人の魔封波を受けた際に使用。この技でベジータを封印するも亀仙人に壺を破壊されたことで失敗。

編集

ビデオゲームでの外観編集

ドラゴンボールヒーローズ 編集

チムのシャンパ

2016年3月から使えるようになった

戦い 編集

  • フロスト対ピッコロ