FANDOM


ブラは、漫画ドラゴンボール』、アニメドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール超』に登場する架空の人物である。アニメ版の声優鶴ひろみ

初登場は原作では其之五百十八「そして10年後」。

ベジータブルマの2番目の子です。彼女はサイヤ人人間のハイブリッドです。

人物像 編集

ブルマとベジータの娘でトランクスの妹。容姿はブルマに似ており美少女。おしゃまな性格でパンと仲はいい様子。原作では完結前に顔見せ程度しか登場せず、台詞も二言しかない。エイジ778年生まれでパンより1歳年下。

年表 編集

  • エイジ778年 - 誕生。
  • エイジ784年 - 第28回天下一武道会を観戦。

ドラゴンボールGT 編集

『GT』では、髭を生やしたベジータに直々「全然似合ってない」と発言するなど、物事をはっきりと伝える性格に育つ。ベジータは息子のトランクスには厳しいが、娘のブラには頭が上がらない模様である。舞空術は使えるらしく、ベビーに洗脳された時は舞空術を使って彼に自分のサイヤパワーを与えている。黒煙の龍の出現を最後に出番は終了。一星龍戦では、孫・ベジータ一家の中で唯一現場に現れない。



原作では相応の外見をしている。GT初登場時点ではまだ9歳だが、年齢の割に背がかなり高い。耳にイアリングをしており、露出度の高い服装で登場し、同年代とデートするパンと対照的に大人の男にナンパされていた。因みに当記事の画像がGTにおける彼女の姿である。具体的な強さに関しては不明だが、鳥山曰く「強いと思いますよ」。

孫悟空が心臓病で死去した次元においては、父のベジータがトランクスが誕生して間もなく戦死した為、誕生していない。 「ドラゴンボールZ Sparking! NEO」では『GT』の時代からタイムマシンでフリーザ親子来襲の時代にやってきたという設定で登場。

ドラゴンボール超でも遂に宇宙サバイバル編で誕生。玉ねぎ頭の女の子である。

ベジータの家系図 編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベジータ王
 
ブリーフ博士
 
ブルマの母
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グレ
 
ターブル
 
ベジータ
 
 
 
ブルマ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トランクス
 
ブラ
 
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はブラにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。