FANDOM


ラムーシ第10宇宙破壊神。  

概要編集

CV:川津泰彦
ピンク色の象の獣人で、「~のじゃ」という口調が特徴。
怠惰な破壊神で、星の破壊は大変だということであまり破壊活動をしたがらない。また、自分をちやほやしてくれる者を好む俗物的な面も。

活躍編集

ザマスの一件から選手選びに慎重だった界王神ゴワスに「頭でごちゃごちゃ考えすぎなんじゃ 頭ではなく体で考える……肉体じゃ!」と主張し、天使クスも「これからは筋肉ですよ!」として筋肉モリモリな戦士達を選出。
結局「自分では選べないから」とゴワスも賛同し、結束のためにクスと選手達の「踊ってみた」動画を神ちゅーぶに投稿していた(撮影はゴワス)。
本戦では脱落した選手を鼻で叩きおしおきしていたが、最後の1人・オブニが脱落したことで消滅が確定。だが、ロウ(やキテラ)のように取り乱すでもなく、これまでのように鼻でおしおきするでもなく、至って静かに消えていった。