FANDOM


テンプレート:保護 テンプレート:出典の明記 レッドリボン軍(レッドリボンぐん)は、鳥山明漫画アニメ作品『ドラゴンボール』シリーズに登場する架空の武装組織。

**スポイラーの警告! 詳細をたどる下のプロット。 セクションをスキップ

概要 編集

世界征服を狙う悪の軍団。「軍」と呼ばれ、正規軍のような階級もあるが特定の国に所属しているわけではなく、豊富な資金と強力な軍用兵器を持ったマフィア、あるいは私兵集団である。世界各地にその悪名が知られており、「世界最悪の軍隊」との異名も持つ。亀仙人は「悪の限りを尽くし正義が大嫌いという最低の軍団」と述べた。たいていの人は名前を聞いただけで震え上がるほど[1]。警察でも対処できないといった旨の説明がなされており、公的な対抗手段が存在しなかったことが窺える。

施設や装備品のほとんどに、横にした三角形の頂点を重ね、中に白抜きでRRと書かれた赤いリボン型のマークをつけている。

制服は、大佐や将軍など階級の高い者は、それぞれ特徴のある服装であるが、それ以外の下士官はほとんど皆同じような半袖半ズボンの服装に制帽を着用していた。

ドラゴンボールを狙って孫悟空らと対立し、戦いを繰り広げる。孫悟空はレッドリボン軍を単身壊滅させたが、のちに軍の科学者であり人造人間を開発したドクター・ゲロによって大事件が巻き起こる。アニメでは「無印」、「Z」、「GT」のそれぞれの作品において何らかの形でレッドリボン軍が絡んでいる。

名前は、ほぼ全員色彩関係で統一されている。

また、軍では軍事用の乗り物も開発しており、乗り物という分野においては一般用と軍事用という違いこそあれ、一時期はカプセルコーポレーションと競うほどの生産台数を誇っていた。ただし、性能的な面ではカプセルコーポレーションの製品に軍配が上がる[2]。そうした開発に駆り出された科学者の中には、各地で誘拐、拉致された者[3]もいる。

構成 編集

レッドリボン軍本部 編集

西エリアにある深い密林に囲まれた、レッド総帥率いるレッドリボン軍の本拠地。司令室のある塔を中心に、見張りの塔や戦闘員の宿舎などが配置されている。いくつかの地区に分割されており、全長は小さな町よりも大きく、各所に大砲や機関銃といった兵器の数々が配備されていて、侵入者が空から接近すると銃弾やミサイルの雨を浴びる。

レッド総帥
声 - 内海賢二
レッドリボン軍の総帥で、右目の眼帯が特徴。ドラゴンボールで世界征服を企んでいると思われていたが、実はコンプレックスである低い身長を伸ばすのが目的であり、世界征服は自軍の軍事力で時間をかければ出来ると考えていた。それを知ったブラックに「組織ではなく、個人の私利私欲のために、幾人もの一般兵士を犠牲にした」と強く責められるが、開き直って傲慢な態度をとり続けた為に銃殺された。
アニメではネココウモリを融合させたような凶暴なペットを飼っており、画家に椅子に座っている背が高いレッドと、異様に背が低くなっているブラックの肖像画を描かせていた。
『Z』205話では、ブラックと共にパロディキャラとして、よく似た姿の映画監督が登場し、悟飯扮するグレートサイヤマンを題材にした映画を撮ろうとしている。
『ドラゴンボール 最強への道』では、ブラック参謀とともに悟空の猛攻から脱出し、その後は原作同様ブラックに銃殺されるが、額ではなく胸部を撃たれ、足場から墜落死する展開となっている。デザインはショートヘアーであることと碧眼であること以外は原作と同じ。
ゲーム『ドラゴンボール3 悟空伝』と『ファミコンジャンプ 英雄列伝』ではピッコロ大魔王の部下として登場し、軍を率いプレイヤーの前に立ちはだかる。
ブラック補佐
声 - 佐藤正治
アニメではブラック参謀。レッドの補佐だが身長が高く、いつもレッドに近づくなと言われてしまう[4]。レッドリボン軍による世界征服の実現を純粋に強く望んでいる。
レッド総帥を銃殺した後、悟空を仲間にしようとするが断られ、一対一で決闘するも全く歯が立たず、バトルジャケットで戦いを挑むが敗北し爆死。アニメでは悟空が本部に乗り込んできた際、吊り天井を落としたレッドに悟空ごと押しつぶされかけており、その恨みもレッドを殺す要因となっていた模様。黒人の為原作では数少ないスクリーントーンが使われていたキャラクターの一人。
『Z』205話では、レッドと共にパロディキャラとして、よく似た姿の映画助監督が登場し、悟飯扮するグレートサイヤマンを題材にした映画を撮ろうとしている。
『ドラゴンボール 最強への道』でもレッド総帥を銃殺し、総帥の座を奪いバトルジャケットで戦いを挑む。その際、自分が新たに「ブラックリボン軍」を創ることを宣言していた。なお、原作だと銃殺した後はレッドに「貴様には総帥と名乗る資格は無い!!」と罵倒したが、この作品では「これからは私が総帥だ!!」と狂ったように高笑いするなど冷静な一面がなくなっている。また、6つのドラゴンボールを持ってきたブルー将軍に対し顔を歪めたり、彼がミスを犯したため処刑される際にも笑みを浮かべるなど、ブルーとは折り合いが悪い様子である。人造人間8号を破壊したうえに「所詮は役に立たないガラクタだ」と嘲笑し、それに激怒した悟空の超かめはめ波でジャケットを破壊され爆死した。また、この作品のみ顔のデザインが変わっている。
『ドラゴンボールGT』では、地獄から復活しバトルジャケットでミスターサタンを追いかけていたが、あっさりとパンに倒される。閻魔宮の前では天国行きを願うブルー将軍に対して、「てめえが天国に行けるぐらいなら俺は神になっている」と悪態をつき、地獄に戻った後はブルーらに加えてナッパと共に行動をとっていた。
Wii専用ソフト『ドラゴンボール 天下一大冒険』では、原作同様バトルジャケットに乗って悟空と対決するが、最期は劇場版同様かめはめ波によって倒された。

シルバー隊 編集

シルバー大佐
声 - 銀河万丈
レッドリボン軍の幹部のひとりで、劇中ではドラゴンボール捜索隊を指揮していた。コートとチャンピオンベルト風のベルトを着用している。ボクシングが得意で、アニメではプロボクサー数名を一瞬で倒してしまうシーンがあるものの、部下より無線連絡を受けた後、筋斗雲をバズーカ砲で吹き飛ばした直後に悟空の腹部への足蹴り一発と、しっぽによる一撃で敗れた。ドラゴンボール(六星球)を悟空に奪われる失態から処刑を言い渡される。
原作では殆ど活躍することはなかったが、アニメでは悟空と戦うまでに登場シーンが大幅に追加されており、かなりの活躍を見せている。追ってきた牛魔王をやり込め[5]、骨董商(声 - 大竹宏)が差し出した偽のドラゴンボールを見破るなど頭脳的な面を見せ、ピラフ一味の持っていた本物のドラゴンボール(五星球)も奪っている。また、山に火を放つなど性格は非常に残忍であり、プライドも高い。アニメでは悟空に敗れ、レッド総帥により本部に呼び出され処刑を言い渡されるが、それまでの実績や忠誠を訴えた激しい抗議を行って最後まで抵抗した。その際「俺に触るな!」と言い残し去って行き、その後の消息は不明。

ホワイト隊(マッスルタワー) 編集

ジングル村にある、レッドリボン軍のホワイト将軍が率いる部隊が駐屯している全6層の塔。前線基地なだけに中は罠や迷路などの様々なトラップが用意されており、上階に行くほど階級が高いものが待ち構えている。2階は控え室になっており、レッドリボン軍の下士官たちがいる。メタリック軍曹がいる3階は部屋の中央に専用の椅子とサイドテーブルが置いてあり、ムラサキ曹長がいる4階は純和風庭園のようになっている。5階は司令室である6階の落とし穴から落とされる仕組みの隠し部屋になっており、開閉式の壁の先にはブヨンが待ち構えている。6階にある司令室は最上階の外壁と内壁の間にある隠し部屋になっており、ジングル村の村長が囚われていた。アニメでは最後人造人間8号によって倒壊させられる。

ホワイト将軍
声 - 玄田哲章掛川裕彦(最強への道)
マッスルタワーのボス。マッスルタワーでの指揮を執る。ジングル村の村長(声 - 槐柳二)を人質に取り、村の男性たちにドラゴンボール探しを強制し、ボールが発見されたら村人を皆殺ししようと考えていた。一応格闘技には自信があったようだが、悟空の敵ではなかった。タワーの頂点まで来た悟空を騙し、パワードガンで不意撃ちして気絶させるが、それを見て激怒した人造人間8号によって遥か遠くまで殴り飛ばされる。
劇場版最終作『最強への道』では容姿が異なっている。悟空と人造人間8号によって倒され、多くの部下とともに警察へ送られる。
メタリック軍曹
声 - 青森伸江川央生(最強への道)
マッスルタワー3階の番人。サングラスをかけた大柄な筋肉キャラで、アーノルド・シュワルツェネッガーのような容姿をしている。悟空を苦戦させるが、実は乾電池で動くロボットで、長期戦により電池が切れ停止。口からミサイルを発射の他、頭が吹き飛んでも行動が出来る。
劇場版3作目『摩訶不思議大冒険』では、ミーファン帝国軍の配下として登場。
劇場版最終作『最強への道』では、外見が大きく異なり大柄な黒人男性といった容貌に変更され、サングラスの形なども異なる。
『ドラゴンボールGT』ではロボットにも関わらず、地獄から復活していた。しかし、あっさりとパンに倒されてしまう。ブルー将軍やブラック補佐、ナッパと行動を共にしていた。
ムラサキ曹長
声 - 青野武飛田展男(『ドクタースランプ』)
マッスルタワーの4階を守る忍者。悟空も少々驚くほどの忍耐力を持ち合わせており、数々の忍術を使う。「実体のある分身の術」で悟空を翻弄するが、実は五つ子で、ムラサキは五つ子の長男であった。悟空が残像拳を使ったときには、本物の分身の術が使えると驚愕していた。愛刀の名前は「名刀笹錦(メイトウササニシキ)」。エイジ715年生まれ。身長172cm、体重61kg、特技はチェスと野球、趣味は映画鑑賞、嫌いなものは蛇[6]
ホワイト将軍曰く「実力はあるが頭が悪い」。隠れ身の術を使う際に、両面リバーシブルになっているカモフラージュシートの布の表裏を間違えて星条旗の模様で木に張り付いたり、悟空に如意棒を尻に刺され、庵の中で悟空が投げた手裏剣一つに対し畳を一枚ずつ使って防いでいたらめくる畳がなくなって額に手裏剣がささる等、ギャグ描写が多かった。アニメ版では部屋にエロ本を隠していたり、くの一の写真を飾ってあったりとスケベな一面も見られた。人造人間8号の爆弾を取り除くオリジナルストーリー版では木の模様の布で隠れ身の術をした際に悟空に立ち小便を掛けられたり、氷の湖の上に乗る際にハッチャンの割った氷の部分に乗って湖にはまり出口が分からなくなったり、ジェットスキーで悟空から逃げる際に悟空のかめはめ波で起こった雪崩に巻き込まれるというシーンもあった。
原作では命令に従わない人造人間8号を爆破しようとしたが、悟空に爆破を阻止され、ジャン拳を喰らって気絶させられる。その後の生死は不明だったが、DRAGON BALL 冒険SPECIAL[6]では死亡したとされている。アニメでは人造人間8号がマッスルタワーを倒壊させたものの奇跡的に生きており、また、8号の製作者フラッペ博士を脅迫するが、悟空らの活躍で追い返され、最後は8号の体内から取り出された爆弾によって爆死した。リメイク版アニメ『ドクタースランプ』では展開が少し異なり、生存したままペンギン村に乗り込んでいる。その際の回想シーンは新規作画ではなく、当時のアニメの映像が使用されていた。
コン、チャ、アカ、アオ
声 - 田中亮一沢木郁也小林通孝佐藤正治飛田展男(『ドクタースランプ』)
ムラサキ曹長の五つ子の弟達。これらの名は劇中には登場しておらず、DRAGON BALL 冒険SPECIAL[6]で明かされた設定。分身の術の種明かしをした途端、あっさりと悟空に倒されてしまった。
人造人間8号
悟空との戦いで窮地に陥ったムラサキが復活させた人造人間。戦いや悪事を好まない性格。

詳細は人造人間 (ドラゴンボール)#8号を参照

ブヨン
声 - 松原大典(『天下一大冒険』)
マッスルタワーの最上階の床にホワイト将軍が仕掛けていた落とし穴により、悟空と人造人間8号(ハッチャン)が落とされた「謎の部屋」とされる5階で飼育されている肉食の怪獣。アニメでは目の色は黄色で体色はピンク。イボが沢山付いた皮膚をしており、名前の通りブヨブヨした体型で、攻撃方法は鞭のようにしなる尻尾と頭の触覚から放つ電撃。また緑色のベロを伸ばして相手を絡め取り、牙で噛み砕いて相手を丸呑みすることもできる。そのブヨブヨした体型により、かめはめ波も含めてどんな攻撃もはね返すため、ホワイトの言葉通り「無敵」かと思われたが、一計を案じた悟空により氷漬けにされて倒される。

ブルー中隊 編集

ブルー将軍
声 - 古川登志夫島田敏(最強への道)、風間信彦(『ドクタースランプ』)
エイジ722年生まれの、レッドリボン軍唯一のオカマ。身長181cm、体重69kg。趣味はカラオケ[7]
ボンタンのような変形ズボン[8]を着用している。超能力の使い手で、金縛りの術で悟空とクリリンの動きを封じたりテレキネシスを使い悟空、クリリン、ブルマらを縄で縛っている。亀仙人の下で修行したクリリンを圧倒し、実力で悟空を何度も追い詰めるなど、幹部の中でも活躍シーンは多く戦闘力だけで見れば事実上レッドリボン軍内ではナンバー1の実力者だった。また、カメハウスに潜入した際には亀仙人にも「気配すら感じさせなかった、恐ろしい奴」と言わせる程。
部下が鼻糞をほじっていただけで処刑するなど、かなりの潔癖症。アニメでは鏡で自分に見惚れるなど、ナルシストとしても描かれていた。「女」と「うんち」が大嫌い[9]。「レッドリボン軍に女はいらない」と発言しているが、同軍には女性幹部にバイオレット大佐(後述)が存在している。またネズミなどの不潔な物も大の苦手。「オカマ」は禁句であり、ブルマとクリリンから言われた際に「言ってはいけない事を言ってしまったわね」と怒っている。ブルマとクリリンに卑怯呼ばわりされたのに対しては「いい言葉だわ」と言っている[10]
ペンギン村にて悟空からドラゴンレーダーを奪うが、則巻アラレとガッちゃんに歯が立たず[11]、ドラゴンボールは奪うことが出来なかったため処刑の対象となる。最後のチャンスとして、軍の雇った桃白白の実力試しの相手にされるが、超能力を使用する間もなく[12]舌だけで殺される。結局、悟空との真の決着はつかなかった。
劇場版3作目『摩訶不思議大冒険』では、メタリック軍曹同様にミーファン帝国軍の配下として登場し、原作・TV版同様に桃白白により殺された。ただし、皇帝である餃子には純粋な忠誠心を持っており、原作・TV版程の悪党ではない。
劇場版『最強への道』では悟空を気絶させ、(ブルマを見て動けなかったとはいえ)悟空たちの援護に来たヤムチャを裏拳一発で倒している。最期は、ドラゴンボールをレッド総帥の前に持って行くものの1個足りなかったということにより銃殺の刑となった[13]。また、階級は大佐に変更されている。ブラック参謀とは折り合いが悪かった様子。
『ドラゴンボールGT』では地獄から復活し、メタリック軍曹などと共に暴れまわっていたが、パンにあっさり倒されてしまう。閻魔宮の前ではブラック補佐に天国に行きたい気持ちを語っていた。地獄でブラック補佐やメタリック軍曹、更にはナッパとも行動を共にするが、ピッコロと対面し驚く。
『ドクタースランプ』ではムラサキの上司として登場。悟空からドラゴンボールを奪おうとするもアラレに空高く放り出されバーバーそらまめに落下。そのままクリキントンによってモヒカン頭にされてしまう。その後全てのドラゴンボールを手に入れ神龍を呼び出し、元の頭に戻してもらおうとした。
ゲーム『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』で登場した際はトランクスやヤジロベーを口説こうとして気味悪がられている。また、18号はクリリンに彼の事を聞かされていたらしい。
演じた古川はオカマっぽいキャラで難しい役だったとコメントしている[14]
ドック
声 - 塩屋浩三郷里大輔
名前はアニメより。作中に登場した軍団員の中で唯一、色以外の名前となっている。ブルー将軍の部下でカメハウス襲撃を担当するB隊の隊長。ちょび髭を生やし丸眼鏡をかけるなど、ハインリヒ・ヒムラーに似た顔立ちである。体型は背が低く太っており、ブルーから減量するよう注意されている。カメハウスを襲撃するも、亀仙人とランチにより部隊を全滅させられる。その後の消息は不明であるが、GTでは、あの世に送り返された悪人たちの列の中に、彼らしい後姿が確認できる。

イエロー隊 編集

イエロー大佐
声 - 郷里大輔
虎の顔をした動物型地球人。聖地カリンでドラゴンボールを探す命令を受けていたが、ボラがドラゴンボール(四星球)を持っていたために発見した後もなかなか手に入れることが出来ず、レッドに見切りをつけられる寸前であった。その後部下はボラに全員倒され、ウパを人質にしてボラからドラゴンボールを奪おうとするが、訪れた悟空に飛行機から突き飛ばされた。その後の消息は不明。
原作やアニメでは1話分しか登場していないが、アニメでは聖地カリンに訪れる前に火山の火口に落ちているドラゴンボールを部下と共に拾うシーンが追加されている。
『ドラゴンボールGT』では地獄から復活し、ブラック参謀、ブルー将軍たちと共にサタンを追いかけていた。あの世に送り返されたとき、プイプイの後ろに並んでいた[15]

バイオレット隊 編集

バイオレット大佐
声 - 杉山佳寿子渡辺菜生子(最強への道・役名表記はなくノンクレジット)
レッドリボン軍には珍しい女性幹部。バイオレットという名のとおり、髪の色は菫(すみれ)色で紫っぽい色をしている。ブルー将軍が悟空から奪ったドラゴンレーダーを使い、あっさりドラゴンボールを手に入れた。原作ではわずか2コマの登場だったが、アニメでは登場シーンが大幅に追加されている。軍に忠実な様子だった原作に対し、アニメでは女狐ぶりを発揮しており、原作とアニメで印象が大きく異なるキャラの一人。基本的に冷酷な性格だが、怪我をした小猿を救う等優しい一面も持つ。
原作では悟空が本部に乗り込んだ後の生死は不明。アニメでは軍の金庫から全財産を盗み出し本部から早々と飛行機で逃亡し、それが本部から逃げ出す兵士を生む引き金となっていた[16]。その途中、悟空の救援に向かったブルマ達を乗せた飛行機とすれ違っていた。
劇場版「最強への道」では戦闘機で出動するが、悟空に撃ち落されて爆死。

カッパー隊 編集

カッパー将軍
レッドリボン軍の幹部のひとり。バイオレット大佐がドラゴンレーダーを引き渡す予定だったが、その直後に悟空が本部を襲撃。名前のみの登場に終わった。

ブラウン隊 編集

レッドリボン軍で一番早くドラゴンボール(六星球)を見つけた隊員が所属していた部隊。アニメでは、六星球をめぐってピラフ一味、悟空との三つ巴の戦いとなった際に本部からシルバー隊への援軍として送り込まれた。

関連人物 編集

桃白白(声優 - 大塚周夫岸野幸正
レッドリボン軍に雇われた殺し屋。

詳細は桃白白を参照

フラッペ博士、ハスキー
上記2名はアニメオリジナルの登場人物である。

詳細はドラゴンボールのアニメオリジナルの登場人物#無印登場キャラクターを参照

ドクター・ゲロ
人造人間シリーズ(1号~20号)の開発者。

詳細はドクター・ゲロを参照

テーマソング 編集

レッドリボンアーミー
歌: Wonderland Gang/作詞: 吉田健美/作曲: いけたけし/編曲: 田中公平
アニメ48話にて挿入歌として使用された。
燃えるハートで~レッドリボン軍をやっつけろ~
歌: Wonderland Gang/作詞: 吉田健美/作曲: いけたけし/編曲: 山本健司
アニメ65話にて挿入歌として使用された。歌詞などから正確には悟空側からのテーマソングである。

その他 編集

  • レッドリボン軍編序盤に登場する「マッスルタワー」の“敵を倒して上のフロアへ登って行く”コンセプトは、香港のアクションスターブルース・リーの1978年製作のカンフー映画『死亡遊戯』の「レッドペッパータワー」と共通しているが、作者のインタビューでは、当時よくやっていたというファミコンゲーム『スパルタンX』がコンセプトとしてあげられている[17]
  • 『最強への道』では、レッドリボン軍本部やマッスルタワーなどのデザインなどが大きく変更されている。

脚注 編集

  1. アニメではペンギン村にまでその名が知れ渡っていて恐れられている
  2. 「世界にはばたくカプセルコーポレーション」 ドラゴンボール大全集7巻 203頁
  3. フラッペ博士など。
  4. 自分の身長の低さが際立ってしまうのをレッドが気にするため。
  5. ただし戦闘能力そのものは遠く及ばなかった。
  6. 6.0 6.1 6.2 「徹底全激闘史 男の履歴書」 週刊少年ジャンプ特別編集 DRAGON BALL 冒険SPECIAL 38頁。ドラゴンボール大全集7巻 114頁
  7. 「徹底全激闘史 男の履歴書」 DRAGON BALL 冒険SPECIAL 41頁。ドラゴンボール大全集7巻 105頁
  8. このほかにもナチス突撃隊(SA)の制服に類似した茶色のケピ帽と折詰襟のシャツとネクタイを、海底の秘密基地で水に潜るまで着用していた。
  9. アニメではアラレちゃんにうんちを突き付けられた際に「私は女とうんちが大嫌いなのよ!」と言っていた。
  10. ゲーム『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』では悟空(GT版)から「相変わらず卑怯な事をしているなんて男らしくないぞ」と言われたが、卑怯である事を誉め言葉のように認めている。
  11. アニメでは途中で会ったオボッチャマンに惚れる、則巻家の冷蔵庫に隠れていたなどさまざまな描写があった。
  12. アニメでは使用するも全く通じず。
  13. 皮肉な事に原作・TV版で部下を銃殺した時の音をいい音と言ったのを、レッド総帥に返されることとなった。
  14. ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一声優陣 其之一 ピッコロ役 古川登志夫」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』102-105頁。
  15. 一瞬であるがパンに撃墜されているシーンと彼の乗っていた飛行機が映る。
  16. 原作でも、一般兵が逃げ出すシーン自体はある。
  17. 渡辺彰則編「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 2巻』集英社、1995年8月9日、ISBN 4-08-782752-6、283-264頁。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki