FANDOM


三つ目人は、『ドラゴンボール』に登場する地球の種族。

概要 編集

原作およびアニメでは言及されていないが、連載終了後に発行された『DRAGON BALL大全集7巻 89頁』において天津飯は宇宙人・三つ目人の末裔である地球人と解説された。それによれば、かつて地球に流れ着き、そのまま地球人として暮らし始めた三つ目人が、天津飯の先祖であるという[1]。天津飯は先祖帰りした特異体質者であり、腕を増やす、分身するといった特殊な技も、元は三つ目人の能力である[2]。アニメでは「四身の拳」を「天流秘奥」と称し、一族(天家)に伝わる秘密の奥義である事を示す発言をしている。

脚注 編集

  1. 渡辺彰則編「DBの世界」『ドラゴンボール大全集 7巻』 42頁
  2. ドラゴンボール大全集4巻 69頁

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki