FANDOM


則巻ガジラ

人物 編集

通称「ガッちゃん」。アラレ達が原始時代にタイムスリップした時に持ち帰った卵(作者曰くは実はカプセルとのこと)から服を着たまま産まれた、2本の触角と羽根の生えた赤ちゃん。アラレ曰く「女の子」だが性別は不明(性別を示す器官が存在しないため)。作中2人に分裂したが、両者に差異は無く、2人とも「ガッちゃん」と呼ばれている。2人まとめて呼称するときには「ガッちゃんズ」と呼ばれる。モデルは作者の妹の子ども。

ゴム以外のあらゆるものを食べるのが特徴。体の成長は無い(みらいカメラで大きくなった姿が描写された事があるようだ)が、定期的に分裂していく。分裂の際は口から糸を吹き出して繭を作り、その中で分裂して2人になる。その後も増殖し、10年後には8人に増えていた。敵への攻撃手段として触角から破壊光線を出すなど、時によってはアラレをも上回る強さを誇る。

実は地球に危険な文明が栄えたら食べ尽くすという使命で、神が原始時代に送り込んだ天使であったが、アラレが現代に連れて来たために神の計画は崩れてしまった。千兵衛の祖父に矛盾を指摘されたときは「特大フーセンガム」のおまけとごまかした。

ガジラという名前はゴジラとガメラの合成語であり、アラレが名付けた名前であるが、アニメ版第1作では「お皿・花瓶・額縁・窓ガラスが割れた音=ガッチャン」で『ガッちゃん』を正式名称とし、第2作では「ガジガジかじるから」で『ガジラ』を正式名称とした。

話す言葉は「クピポ」等といった独特な「ガッちゃん語」だが、1コマだけ「ととと…」としゃべっている場面がある(作者も指摘を受けて読み返してから気付き「あんまり細かくみないで」と居直った)。

原作では1980年プランクトン2日生まれ(卵からの孵化)。

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は則巻ガジラにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki