FANDOM


ドラゴンボール > ドラゴンボールの登場人物 > 孫悟飯 (孫悟空の育ての親)

孫悟飯(そん ごはん)は、漫画アニメドラゴンボール」シリーズに登場する架空の人物。

同姓同名の人物が2人登場し、それぞれ孫悟空の育ての親、及び悟空の長男という位置づけである。本項では前者について記述する。

本人の初登場は、原作では第105話「五人目の男」、アニメ版における初登場は第74話「なぞの五人目の男」。

声優は阪脩あずさ欣平(ZのTVSPのみ)、千葉繁(改)

人物像 編集

悟空に「じっちゃん」と呼ばれ慕われた育ての親で、彼にカンフーの基礎を叩き込んだ人物。エイジ658年生まれ[1]。身長160cm、体重51kg。趣味は散歩[2]

ヤムチャの弁によれば、「武術においてその右に出るものはいない」とまで言われた達人で、ウーロンもその名前を聞いたことがあり彼のことを「有名人」と発言しているなど、武道界のみならず世間一般にまでその名は知られているほどであった。また、悟空に素手による格闘術のみならず、如意棒による棒術なども教えたとされる[3]。悟空の弁によれば、「女には優しくしろ」とも説いていた。ただ、悟空が性別判断で「パンパン」したりしていることなど、彼が世間の一般常識についてあまり知らなかったことを見ると、そうしたことを教える前に亡くなったようである。

若かりし頃は亀仙人の一番弟子で、牛魔王は弟弟子にあたる。亀仙人が悟空たちに課した牛乳配達などの修行をしている姿を見て、彼ら二人に修行をさせていた頃を懐かしむ場面がある。作中初期に悟空と対戦した牛魔王は、彼が兄弟子である悟飯に育てられたことや師の亀仙人のことを知っていると聞いた途端に「悟飯さんの孫なら、自分の娘チチを嫁にやってもいい」と発言するなど、悟空とクリリンのように彼とは非常に親しい関係だったようである[4]

牛魔王・チチ(悟空と同い年)の間柄は「親子」と捉えられているのに対し、悟空と孫悟飯は、80歳近い年齢差(#略歴参照)とそれ相応の老人らしい風貌からか彼を知る人物は二人の間柄を「親子」ではなく「祖父と孫」と捉える傾向があり、牛魔王は先述の通り「悟飯さんの孫」と発言している。また、ウーロンも孫悟飯のことを「アイツ(悟空)のじいさん」と、アニメでは悟飯本人も悟空のことを「ワシの孫」と発言している。

亀仙人のように、やや女性好きな面も見られるが師と違いセクハラ的言動は取らない。亀仙人とも戦ったことがあるが、亀仙人の必殺技「萬國驚天掌」に耐え切れず敗れた(亀仙人が「萬國驚天掌」を使用したのは、他には孫悟空だけである)。しかし、その武術における天賦の才は亀仙人も高く評価しており、悟空から悟飯が死んだことを聞いたときにはガックリと肩を落とし「惜しい男を亡くした」と言わしめた。

ある満月の夜、小便のため外へ出た悟空が大猿化し、踏み殺されてしまう。悟飯の死後、悟空は悟飯が昔拾ってきた四星球のドラゴンボールを形見としている。生前、悟空に満月を見ないように諭していたことから、少なくとも以前に一度、大猿化した悟空を見ているようである。悟空が自分が悟飯を殺したという事実に気付いたのはサイヤ人ベジータとの戦いにおいてである。

人格者であり、自らを踏み殺した悟空に対しても、ただただ可愛がり彼の身を心配しており、恨むようなことは一切言わなかった。

悟空との対戦、そして再会 編集

師の姉でもある占いババの力で一日だけこの世に戻り、狐の面[5]で素性を隠して悟空と対決。悟空達が最後のドラゴンボールのありかを訪ねに占いババの館に来ることを、彼女の占いで事前に知っていた。悟空が武道家として目覚しい成長を遂げていたため窮地に陥ったが、育ての親だけありシッポが弱点であることを知っていたため、それをつかんで形勢逆転に成功したものの途中でシッポが切れてしまった。弱点がなくなり悟空が反撃に転じようとしたところで覆面を取り、感動の再会となった。この時悟空は初めて人前で泣いており、ヤムチャやブルマが驚いている。

「ピチピチしたコもいる」と発言しており、天国では、ぴちぴちギャルに囲まれて暮らしているが[1]、やはり我が子同然に育てていた悟空を残してこの世を去ったことが心残りだったらしく、その成長ぶりと彼がドラゴンボールをめぐる冒険を通じてたくさんの友人に囲まれていることを知り、安心してあの世へ帰って行った。

その後 編集

アニメ『ドラゴンボール』の終盤エピソード・ウェディング編では、あの世のフリーターとして[1]、あの世とつながる五行山でアルバイトをしており、死後の魂をあの世に運ぶ八卦炉の炎を管理する太上老君ことアンニンの守衛を勤めている。アンニンからはちゃん付けで呼ばれるなど、かなり気に入られている様子。また、そこでフライパン山の火災原因を突き止めに来た結婚直後の悟空・チチ夫妻とも会い、感慨深い表情を見せていた。

サイヤ人編以後編集

それから1年後、悟空とチチは男児を授かり、悟空は自分の育ての親である悟飯の名をその子に与えている。この男児こそ、悟空の長男・孫悟飯である。悟空は「じっちゃんの形見だから」と、四星球を息子の帽子に付けていた。

その後、地球に襲来したサイヤ人、ベジータとの戦いで悟空は悟飯を殺したのは自分である事を知り、「また死んだら謝りに行く」と発言しているが、人造人間編後、再び死亡した悟空が悟飯と再会した描写はない。

略歴 編集

エイジ658 - 生誕[1]

エイジ737頃 - 79歳。人里離れた山中に住み、山の中で拾った悟空[6]を育てるとともに、武術の基礎を教えた。後に、大猿と化した悟空に踏み潰されて死んでしまう。

エイジ750 - 占いババによってこの世に戻り、狐の仮面を被って悟空と戦う。戦いが終わった後に正体を明かして再会し、あの世に帰っていった。自分の父だけが生き返ることに気を遣うウパに対しては、「あの世も気に入っている」と発言していた。

孫悟飯の技 編集

かめはめ波
亀仙流の代名詞である技。悟空との戦いで使用。「武天老師さまほどではないが」と前置きしながらも、自身の得意技としてあげている[2]
ジャン拳(じゃんけん)
グーで嘗手、チョキで目潰し、パーで張り手の連続攻撃を食らわせる技。作中で使用するシーンはないが、伝授されて得意技としていた悟空が「じいちゃんだけの技」と言うシーンがある。
酔拳(すいけん)
酔ったような動きで相手に攻撃を与える技。これも本人が使用するシーンは無いが、第21回天下一武道会でジャッキー・チュンに変装した亀仙人が使っているのを見て悟空が「じいちゃんが得意だった」というシーンがある。
亀仙流風林火山
亀仙流明鏡止水
ゲームオリジナル技。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 ドラゴンボール大全集7巻 81頁
  2. 2.0 2.1 「DRAGONBALL 徹底全激闘史 男の履歴書」 週刊少年ジャンプ特別編集『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』 47頁
  3. ハリウッド製作の『DRAGONBALL EVOLUTION』では、孫悟飯は棒術を含めた格闘術を教えた人物という設定である。
  4. 後述するアニメのウェディング編でも、悟空は悟飯と再会した際に、「牛魔王のおっちゃんとは友達だろ」と二人の関係を問う場面がある。
  5. 面のデザインは、「Dr.スランプ」でアラレの同級生のねじしきくんが常時着けていた物と同様(大元はつげ義春の漫画『ねじ式』の少年のもの)である。
  6. アニメ「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜」では、宇宙船に乗って地球に到着した赤ん坊の悟空を竹ヤブの中で拾うシーンが描かれている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki