FANDOM


擬似超サイヤ人は、『ドラゴンボール』に登場するサイヤ人の変化形態の1種。

概要 編集

超サイヤ人に完全に覚醒しきっておらず、悟空が無意識のうちに超サイヤ人の力を瞬間的に発揮した状態。悟空自身、それが超サイヤ人の力であるとは気付いていない[1]。劇場版『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』のスラッグとの戦いにおいて、悟空が変身している[2]

髪を逆立て、黄金の気を纏い、戦闘力が大幅に上がるところこそ超サイヤ人と同じであるが、金髪にならず目も白目をむき、超サイヤ人とは対照的に理性は失われる。また、この変身を長時間保つことはできない。劇中ではスラッグを一時圧倒したが、スラッグの正体が明かされた直後に状態が解かれてしまっている。擬似超サイヤ人にはこの他にも様々なパターンがある。例えば、TVアニメで見せた理性を保ち髪型も逆立つが、金色の髪ではない変身は、映画版の物より本物の超サイヤ人に近い。

実際にはTVアニメでは、ベジータやフリーザにより、その存在を匂わせているような場面がある程度だった超サイヤ人登場が微塵も感じられない時期に劇場版が公開された時期に登場した形態。この時に髪の毛が逆立つというアイデアを出したのは、原作者である鳥山明自身。

テレビアニメのオリジナルストーリー「あの世一武道会編」においても、悟空が黒髪状態の超サイヤ人に変身するシーンがある[3]。その際の風貌は黄金のオーラを纏い、理性を保ち頭髪も逆立つが瞳も体毛も黒色のままである。この形態の時は、オーラと共に発生する効果音が本来の超サイヤ人とは異なり、界王拳の物と同じになっている。ただし次回予告においては該当部分で超サイヤ人になっている。

脚注 編集

  1. 劇場版公式サイト 劇場版ドラゴンボールヒストリー マル秘ノート
  2. 「技辞典」 ドラゴンボール大全集7巻 134頁
  3. セルゲーム後の逸話であり、本来の超サイヤ人形態には変身可能な状況にあった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki