Fandom

DRAGON BALL Wiki

未来のトランクス

408このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
人造人間編(セル編)において登場したトランクス。原作の初登場は其之三百三十「フリーザ親子地球に降り立つ」、アニメでは『ドラゴンボールZ』第119話「フリーザはボクが倒す… 悟空を待つ謎の少年」。

概要(未来版) 編集

身長170cm、体重60kg。趣味は機械いじり。好きな食べ物はコンビニ弁当。好きな乗り物はタイムマシン[1]

通称「未来トランクス」(青年トランクスとも)。孫悟飯を師匠とする。超サイヤ人にも変身でき、登場当初は当時の孫悟空に近い実力を持っていた。剣術にも長けており、地球に来襲したフリーザと父のコルド大王を瞬殺している。単にトランクスと呼ぶ場合はこちらを指すケースが多い。

このトランクスの住む次元では、悟空は既に心臓病で他界。また、ドクター・ゲロが開発した人造人間17号18号によって[2]ベジータや悟飯をはじめ、ブルマと自分以外の仲間は全員殺されており、その後も殺戮を繰り返す2人によって、世界の人口は数万人にまで激減している。このような辛い時代の中、強い使命感を背負い生きてきたため、誠実で真面目な性格をしている。言葉遣いも丁寧で、後の師ではあるものの過去においては年下の悟飯にもさん付けし、敬語で話す。自分の出生を隠していた間は過去の自分の親にも敬語で話していたが、精神と時の部屋を出た後のベジータや本来の母親(未来のブルマ)に対しては普通に話している。師匠の(未来)悟飯を尊敬しており、ゲーム「真武道会2」では「戦い方だけでなく、命の大切さも教わった」と語っている。しかし、後述の通りベジータを超えたと勘違いしてセルに戦いを挑んだことがあり、声を担当した草尾によると「ベジータ譲りのひねくれた所もある」という[3]

悲惨な歴史を変えるため悟空たちの住む過去へとやって来るが、そのことで次元の分裂が起こり、作中の次元で人造人間やセルを倒しても、自身の次元の未来では何ら変化が起こらなくなってしまう(タイムパラドックスの発生)。それでも「人造人間たちを倒した世界」を作るため、また戦いの中で人造人間たちの弱点を見つけるため皆に協力、その中で自身の実力を上げていった。そして作中の次元において全てが解決した後、自分の住む次元の未来へ帰り、人造人間や未来世界のセルを撃破し、ようやく世界を平和へと導いた。

未来世界の後の物語を描いたプレイステーション・ポータブル専用のソフト「ドラゴンボールZ 真武道会2」では、未来世界の魔導師バビディ達と対峙。しかし彼らの圧倒的な戦力には太刀打ち出来ず、本来の時間軸の悟空達に助力を請うこととなった。

原作では2話に渡り(アニメ版では一話分)、未来に帰ってからセルを破壊するまでが描かれている。また悟飯の死の直前から過去へ向かうまでを取り上げたアナザーストーリーも描かれ、アニメではオリジナルシーンを加えた形でTVSP『ドラゴンボールZ 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス』として放送された。

この他、現在世界でパワーアップを遂げる事なく、人造人間を何らかの方法で破壊した別次元未来のトランクスが存在するが、セルに殺されタイムマシンを奪取されている。そのセルこそが、作中の次元に登場したセルである。

年表(未来版) 編集

  • エイジ766年 - 誕生。半年後、他の戦士と同様にベジータが人造人間との戦いで死亡し、母子家庭になる。
  • エイジ779年(13歳) - 悟飯に弟子入り。原作では、トランクスは既に超サイヤ人に覚醒している。同年に人造人間との戦いで悟飯がトランクスを庇い、左腕を失う。
  • エイジ780年(14歳) - 更にその後、再び出現した人造人間と戦おうとするが、戦士全滅を防ごうとした悟飯に気絶させられる。結局、その戦いで悟飯は死亡[4]
  • エイジ784年 - (17歳[5]) - 修行で自信をつけ人造人間に挑むが、返り討ちにあう。アニメでは序盤はいい勝負だったものの、体力が落ちてくると一方的な展開となり、痛めつけられて重傷を負う。そのことで過去へ行くことを決意し、回復後に悟空に特効薬を渡すべくエイジ764年へ。タイムマシンに「Hope〈希望)」と書き、現代の悟空に心臓病の薬を渡すため、そして父であるベジータに会うために旅立つ。フリーザ親子を倒した後、悟空に特効薬を渡し未来へ帰る。
  • エイジ785年 - その数ヵ月後、エイジ767年5月12日へ行く。悟空達に協力する中、精神と時の部屋でパワーアップ。しかしパワーに頼った変身をしたため、完全体となったセルに敵わず、欠点を指摘された後、戦意を喪失。
  • セルゲームの最中でセルに殺されるも、ドラゴンボールの力で生き返る。その過去での戦いが終わった翌日、未来へ戻り人造人間を破壊。
  • エイジ788年(22歳) - 人造人間の破壊から3年後、過去へ向かおうとしていたセルを倒す。

劇場版への登場(未来版) 編集

  • Z劇場版7作目『極限バトル 三大超サイヤ人』では人造人間14号を撃破する。またこの後の13号との闘いの中剣が折れてしまう。
  • Z劇場版8作目『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』では父ベジータを追い、新惑星ベジータへ。伝説の超サイヤ人ブロリーと闘うが、敗れる。
  • Z劇場版9作目『銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』では天下一大武道大会にて天津飯と闘い勝利。その後準決勝のバトルゾーンにて銀河戦士のゴクアと遭遇、苦戦の末倒すが、銀河戦士達の連携攻撃の前に敗北。このとき、ベジータが破損した剣を修復して保管していたことが判明。

技(未来版) 編集

原作においては他のキャラクターのように技の名前を叫ぶことがなかった為、同じ技でも作品によって別の名称が用いられている事が多い。

バーニングアタック/超エネルギー波/バスターキャノン/キャノンショット/ビッグ・バン・ブラスト
印を切るように両手を高速で動かすことで気を練り上げ、突き出した両手から強力な光弾(ゲームによっては光線の場合もある)を放つ。名前はゲームより。「ドラゴンボールZ 超武闘伝」シリーズやプレイステーション2専用のソフト『Z』シリーズなどの殆どのゲームでは「バーニングアタック」という名前が使われているが、「ドラゴンボールZ 舞空闘劇」では「超エネルギー波」、「ドラゴンボールZ 舞空烈戦」では「バスターキャノン」、「超ドラゴンボールZ」では「キャノンショット」、「ジャンプアルティメットスターズ」では「ビッグ・バン・ブラスト」という名前になっている。
作中でフリーザに放った際にはかわされるが、追撃の剣で真っ二つにしている。ゲームのPS2などの「Z」シリーズではこれが「バーニングスラッシュ」という技名であり、一撃目にバーニングアタックをフェイントとして放ち、これをかわして体勢を崩した相手を剣で真っ二つにし、さらに斬りまくり左手から放つ光線でとどめをさす。他のゲームではフェイント無しの「バーニングヘルズスラッシャー」「シャイニングソードアタック」「スラッシュブレイク」「サウザンドスラッシュ」という技もある。
ゴッドブレイカー
名前は「サイヤ人絶滅計画」より。右腕から放つエネルギー波。コルド大王への止めの一撃である。
バーニングストーム
名前は「Sparking! NEO」より。右腕から連続で放つエネルギー波。ドクター・ゲロの研究所を破壊する場面で使用。
バーニングブレイカー
名前はゲームより。18号を吸収しようとしたセルに使った連続攻撃。パンチのラッシュを叩き込み、最後に両手を組んだ状態で一気に振りおろして地面へと叩きつける。
パルサークラッシュ/バスターキャノン
名前はゲームより。両腕でエネルギー波を発射する。16号の起動を止めようしたときやセルの18号吸収に協力するベジータに放った技。「サイヤ人絶滅計画」では「パルサークラッシュ」、PS2などの「ドラゴンボールZ」シリーズでは「バスターキャノン」である。
ブレイジングラッシュ
名前はゲーム「レイジングブラスト」より。完全体セルに使った連続攻撃。
チェンジザフューチャー
名前はゲーム「レイジングブラスト」より。相手の目の前に高速で近づき、エネルギー波を発射する。未来世界で18号を葬った技。
アナザーエンド/サイクロンバスター
名前はゲーム「レイジングブラスト」より。相手の顔面へ飛び回しを叩きこみ、エネルギー波を発射する。未来世界で17号を葬った技。
ヒートドームアタック/イレイザーキャノン/フィニッシュバスター/サイクロンブラスト
名前の初出はゲーム「偉大なるドラゴンボール伝説」より。「舞空闘劇」では「イレイザーキャノン」、舞空烈戦では「フィニッシュバスター」、超ドラゴンボールZでは「サイクロンブラスト」になっている。気をドーム上に広げ、太い光線として発射する。未来世界のセルを葬った技。
フィニッシュバスター
ゲームオリジナル。頭上後方に(ゲームによっては真上)に作った巨大な光弾を、勢い良く投げ放つ。GBCで発売された「伝説の超戦士たち」では未来世界のセルを倒した技と解説されており、作品によっては前述した「ヒートドームアタック」と同一視される場合もある。ゲームによってはトランクスの最強技として扱われる。
シャイニングスラッシュ
ゲームオリジナル。背負った剣を抜き、相手に振り下ろして斬りつける。
魔閃光(ませんこう)
師匠の悟飯が最初期に使用していた気功波。原作でトランクスは使用していないが、劇場版のブロリー戦で悟飯と同時に使用。また、『伝説の超戦士たち』などの一部のゲームでは使用可能な場合もある。

脚注 編集

  1. ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 5 トランクス」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、14-15頁。
  2. 当初は、2人のことを指して人造人間19号と人造人間20号と呼んでいた。アニメ版では再び未来に戻って人造人間と戦う際に、過去世界に合わせて17号と18号と呼んでいるが、これについては作劇方針の変容によるものである。
  3. ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一声優陣 其之二 トランクス役 草尾毅」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL」~天下一伝説~』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、154-157頁。
  4. アニメでは、その死をきっかけにトランクスは超サイヤ人に覚醒している。
  5. 数え年では18歳だが、作中で初登場したエイジ763年の時点で満年齢はまだ17歳だった。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はトランクス (ドラゴンボール)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki