FANDOM


界芯星は、『ドラゴンボール』に登場する天体。

概要 編集

あの世この世のどこかにあるといわれている、界王たちが生まれ育った、巨大な界王星のような星。人口は約80人。ここに生えている巨大な界樹に生る木の実から、芯人が生まれてくる。芯人たちに男・女の性別はない。ただし、人間の男性のような姿をした北の界王と人間の女性のような姿をした東の界王は互いに「ジジイ」「ババア」と呼びあうシーンがあるほか、老界王神はスケベな性格であるなど、メンタリティは人間に近い。芯人の平均寿命は約7万5千歳[1][2]学校のような城で様々なことを学びつつ、のんびり暮らしている。

どこかで界王が亡くなると、次の界王が芯人の中からくじ引きで選ばれる[3]。ただし界王神だけは、滅多に実らない特別な金の木の実から生まれた芯人が選ばれる[1]

芯人の中には時として邪悪な心を持つ者も存在し、そういった者たちは魔界王[4]の元に行ってしまう。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編 92頁 「マンガ「DRAGON BALL」の真実 トリヤマはこう考えていたよスペシャル part2」
  2. ただし、界王神は少なくとも500万年以上は生きている。
  3. 北の界王については、界王の座を譲っていない模様。
  4. 魔界王が、ダーブラのような魔界の王のことを指しているのかは不明。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki