FANDOM


日本漫画およびアニメ作品「ドラゴンボール」において、融合(ゆうごう)とは、2人の人間が結合し、1人の人間となる現象を指す。融合は、フュージョンや、肉体とエネルギーとを同化をさせる融合(ナメック星人融合など)、ポタラなど、さまざまな方法により実現される。

融合の形態編集

フュージョン編集

元々はメタモル星人のである。孫悟空がセルの自爆で死亡した後、あの世のメタモル星人から教わった。

フュージョンは、2人の人物が同じタイミングで、ダンスにも似た特定のポーズを連続して取ることにより達成される融合。その動きは、登場人物のほとんどが恥ずかしさを覚えるほど格好悪い。融合する2人の人物は殆ど同じ背丈であり[1]、気の大きさも同じである必要がある[2]。もし、フュージョンのポーズを間違ったりした場合、失敗した姿(肥満体など)になり、戦闘力は激減する。この融合によって誕生する新しい肉体は、メタモル星人の衣装を身につけ顔つきは2人の人物を合わせたものになる。また、合体後の人物は態度が大きくなる傾向にある。しかしながら、この融合には制限があり、大きなエネルギーを使用できるものの、融合状態を30分以上持続できない。またエネルギー消費の激しい状態を併用するとさらに融合時間が減少する上に、分離した後は再びフュージョンするまで1時間の時間を要する。ただし、失敗した姿の場合は1時間待たなくとも再フュージョンが可能である様子[3]。アニメでの合体後の2人の声が二重になるというアイデアは鳥山明によるものである。

ゴテンクス
孫悟天 + トランクス(現代)
なお、失敗時の肥満体でも名前は変わらずゴテンクスである。
ゴジータ
孫悟空 + ベジータ
劇場版『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』に登場。フュージョンに失敗した肥満体型のものは南の界王によって「ベクウ」と名付けられた。アニメオリジナルのストーリー『ドラゴンボールGT』では超サイヤ人4の姿のゴジータが登場する。
ピリリン
ピッコロ + クリリン
『週刊少年ジャンプ』1995年13号で、読者企画「みんなの考えたフュージョン募集」の例として鳥山明自身が描いたキャラクター。
ヤム飯
ヤムチャ + 天津飯
プレイステーション2専用のソフト『ドラゴンボールZ2』に登場。

ポタラ編集

ポタラとは融合を誘発する1対の耳飾りであり、フュージョンと類似した特性を持っている。ポタラにより生成される融合状態は永久に持続し、融合以前の状態への分離は基本的には不可能である。しかし、汚れた気など外部的な要因で分離してしまうことはある。

効果はフュージョン以上で合体によるパワーアップは2人の戦闘力の合計ではなく、掛け算になるほどの凄まじさとされる[4]。ポタラによる融合は、融合しようとする2つの個体はそれぞれ耳飾りの一方を相手とは異なる側の耳に装着することにより達成される。この融合によって生成される新しい肉体は、融合する2つの個体の双方に共通する特徴を備えている。

フュージョンのように、融合する2つの個体のパワー・身長等が等しい必要はない。しかし、お互いの実力が近ければ近いほどより強力な戦士が誕生する。実際に使用した悟空とベジータは、「あの世とこの世を含めて3本の指に入る達人のうちの2人」であることに加え、お互いライバル同士という関係上、実力が近かったため、「ベジット」という最強の戦士が誕生した。ポタラは界王神の所有物であり、作者はポタラが登場した理由について「悟空とベジータの合体を劇場版でやってしまったから、界王神のイヤリングを何かに使えないだろうかな」と述べる。

老界王神
15代前の東の界王神(若年) + 魔法使いのクソババア
これにより、潜在能力を引き出すという不思議な力を得る。
キビト神
現在の東の界王神 + キビト
ベジット
ベジータ + カカロット(孫悟空サイヤ人名)
ゴタン
孫悟空 + ミスター・サタン
原作・アニメでは、悟空のイメージのみ。プレイステーション2専用のソフト『ドラゴンボールZ2』では使用キャラとして登場し、2Pカラーは原作・アニメとは違い、悟空の髪型にサタンの顔と服装である。
名称不明
孫悟空 + デンデ
アニメ版での悟空のイメージのみ。大全集では「カカデンデ」もしくは「デンデロット」と命名されていた。

同化編集

ナメック星人が行う融合は、肉体とエネルギーとを同化させることによって2つの個体が結合する融合である。融合する際には基本ベースとなる個体がもう一人の胸に手を置き融合する。融合後はベースとなった個体が支配するが、ベースとならなかった個体の記憶や力も融合後の個体に継承される。タイプの違いに関係なく融合することができ[5]、融合によって、それぞれのナメック星人が持つ能力を総合し、強化を図ることが可能である[6]。ネイルと融合する際にピッコロが「気に入らなければすぐに追い出す」と述べているが、ネイルのケースも含め一度融合すると再び分離することができなくなる[7]

ドラゴンボールGTでは、魔人ブウ(純粋)の生まれ変わりであるウーブが前世における自身の分身であったミスター・ブウと一体化し、ブウの力を吸収してパワーアップした。なお、ウーブが基本ベースではあるものの、ブウ自身の意思や人格も消失したわけではなく、作中にてウーブに語りかけると共にその動きを止めている。また、新17号は人造人間17号を洗脳し、彼と合体して超17号となった。

ピッコロ
ピッコロ + ネイル
ピッコロ(神コロさま)
ピッコロ + 神様
スーパーウーブ
ウーブ + ミスター・ブウ
超17号
新17号 + 人造人間17号

吸収編集

吸収は融合とはやや異なり、他の個体を取り込む現象である。これはセルおよび魔人ブウの能力である。セルは吸収を行う際に、先端の鋭い針状の尻尾を使用して他者の生体エキスを吸い取ることで力を増すほか、尻尾を筒状に変化させて人造人間17号18号を飲み込み吸収することで第二形態、完全体へと進化しパワーアップする。ブウは吸収を行う際、基本的には自分自身の肉片を使用するが、ブウ(悪)に変身した場合のみブウ(純粋悪)がブウ(善)をチョコレートに変えて食べたことで吸収が成立した。セルの吸収が相手の力だけを得るものであるのに対し、ブウの吸収は相手の力だけでなく技や頭脳を得るほか、外見も相手の特徴が現れたものになる。

劇場版では、人造人間13号が14号と15号のエネルギー炉とコンピューターチップを吸収して合体13号へと変身しパワーアップした。ドラゴンボールGTでは、一星龍がドラゴンボールを口から飲み込むことで他の邪悪龍の力を吸収してパワーアップし、超一星龍となった。

セル(第二形態)
セル + 人造人間17号
セル(完全体)
セル(第二形態) + 人造人間18号
セルリン
セル(第二形態) + クリリン
プレイステーション2専用のソフト『ドラゴンボールZ』に登場。
魔人ブウ(ゴテンクス吸収)。
魔人ブウ + 超ゴテンクス3、ピッコロ
ただし、吸収したゴテンクスのフュージョンが解けると魔人ブウ(ピッコロ吸収)になる。
魔人ブウ(孫悟飯吸収)
魔人ブウ(ピッコロ吸収) + 孫悟飯
魔人ブウ(フリーザ吸収)
魔人ブウ + フリーザ
プレイステーション2専用のソフト『ドラゴンボールZ2』に登場。
魔人ブウ(セル吸収)
魔人ブウ + セル
プレイステーション2専用のソフト『ドラゴンボールZ2』に登場。
魔人ブウ(ヤムチャ&天津飯吸収)
魔人ブウ + ヤムチャ + 天津飯
プレイステーション2専用のソフト『ドラゴンボールZ2』に登場。
魔人ブウ(ベジータ吸収)
魔人ブウ + ベジータ
プレイステーション2専用のソフト『ドラゴンボールZ2』に登場。
合体13号
人造人間13号 + 人造人間14号 + 人造人間15号
ベジータベビー
ベビー + ベジータ
超一星龍
一星龍 + 一星球以外のドラゴンボール

編集

  1. ただし、悟空とベジータの場合は11cmの身長差がある。
  2. 気が大きい人物が小さい人物に合わせるなどの調整で補える。
  3. 『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』では1時間待たずに再びフュージョンしている。
  4. DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編 63頁 「第3章 修行の章 修行Ex 修行以外で果たした悟空のパワーアップ」
  5. DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編 63項 「ナメック星人のパワーアップ法」
  6. 寿命に与える影響は明記されていない。
  7. ドラゴンボール大全集4巻 49項 「種族の章」、DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編 63項 「ナメック星人のパワーアップ法」。作中において融合した者が分離している場面は無く、アニメにおいては、デンデに対し、ピッコロがネイルの声色を使って語りかけている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki