FANDOM


超サイヤ人2は、『ドラゴンボール』に登場するサイヤ人の変化形態の1種。

概要 編集

劇場版『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』のアニメコミックスでは、超サイヤ人第5段階(最強形態)と表記。超サイヤ人2という呼称自体は悟空が魔人ブウ編にて、超サイヤ人3の説明をするために便宜上のものとして付けた。

全てにおいて超サイヤ人を遥かに越えた力を持つ状態で、超サイヤ人1の進化形。容姿は超サイヤ人1とそれほど変わりはないが、全身に時折稲妻状の火花が散り、バチバチと音を立てる。髪型も超サイヤ人と比べ、髪がさらに細かく逆立つのが特徴である。超サイヤ人第1段階の良好な身体バランスを保ったまま超サイヤ人を超越する能力を持てるが、体への負担も大きくなる。性格も第1段階の時以上に好戦的になるが、これは精神力で抑えることが可能である。強さは超サイヤ人1の2倍[1]

初登場はセルゲームにおいて、孫悟飯がセルとの戦いで覚醒した。登場当初は超サイヤ人を遥かに超えた戦闘力を持つ最強の形態として描かれた。セルゲーム終了後の修行で悟空とベジータも同様の覚醒を遂げる。亜種を除けば、初登場が悟空以外であった唯一の形態。原作で超サイヤ人2になったのは、悟空、悟飯、ベジータの3人。

変身可能なキャラクター 編集

脚注 編集

  1. ジャンプ・コミック出版編集部編「第3章 修行の章 修行Ex 修行以外で果たした悟空のパワーアップ」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、62頁。
  2. ドラゴンボールZ 真武道会2に登場。
  3. ドラゴンボール大全集第7巻 145頁
  4. ドラゴンボールZ3に登場。
  5. ミラクルバトルカードダスに登場。なお、外見は伝説の超サイヤ人のものと大きな差はない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki